« August 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

いよいよ凱旋門賞です

今週末から来週初めにかけてパリ便めちゃめちゃ混んでるようです。そのくせ29日のエールフランスのパリ行き夜行便がNO OPになったりして。私の会社で扱っているお客様もいたんですがね。翌日の朝のJAL便に振り替えたようですが大変ですね。
実はうちの会社もちょっとJRAの仕事を頂いているのですが、今回は高橋理事長もパリ入りしているようです。他にも27日から昨日あたりまでJRAの職員の方も多数パリへ向かわれたようです。今週末も競馬があるのに(しかもGIですよ!!)そっちはほっぽっといてパリへ行く調教師の先生も多いとか。凱旋門賞観戦のお客様も最初は1500人くらいなんて言ってたんですが、なんと5000人近くの日本人が当日ロンシャン競馬場で観戦するとか。いやぁ、関係者もマスコミもファンも凄い盛り上がりですね。正直、私もここ数日は凱旋門賞のことで頭がいっぱいで他の事になかなか思いが至らない状況なのも確かです。

今回の凱旋門賞、ハリケーンラン、シロッコ、そしてディープインパクトの3強対決と言われています。ブックメーカーのオッズもこの3頭がほとんど差の無い人気を集めています。3強との対決を恐れたのか出走予定馬が次々と回避し、伝統ある凱旋門史上でも2番目に少ない8頭立てのレースとなりました。
無敗の3冠馬とはいえパート2国の日本の代表馬がこれだけの人気を集めるのはエルコンドルパサ―以来でしょう。初コース、休み明けなど多くの試練が待ち受けてはいますが、ディープインパクトがここまでのレースで見せてきたパフォーマンスを顧みれば、多くのファンが期待するのも無理はないと思います。
競馬弱小国から参戦し勝利をもぎ取った馬といえば伝説のリボーを思い出します。イル・ピッコロ(ちびっこ)と呼ばれ、イタリアでは敵なしだったリボーが初めて凱旋門賞を制覇したときも「所詮はイタリアの馬」という声があったそうです。ディープインパクトも決して大きな馬でなく、競馬弱小国の最強馬という点はリボーと似ています。
ディープインパクトがリボーと同じように凱旋門賞を制覇することができるのか、明日の深夜のレースが楽しみです。

| | Comments (110) | TrackBack (0)

September 29, 2006

勝つ気あるのかよ

昨日の対阪神21回戦は0-6でカープの完封負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  8 1
阪神 2 0 0 0 0 0 4 0 X 6  8 0

勝利投手 [ 阪神 ] 杉山(4勝4敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 佐々岡(7勝8敗0S)
セーブ
本塁打 [ 阪神 ] 金本 23号 1回2ラン
バッテリー [ 広島 ] 佐々岡、梅津、河内 - 石原
[ 阪神 ] 杉山、ウィリアムス、久保田、桟原 - 矢野

7回に捕まって大量失点するまでは佐々岡、良く頑張っていたのですがねぇ。というかどうして7回も佐々岡に投げさせる必要があったんでしょうか。確かに6回終わって73球。まだ投げられたかも知れません。ただ、7回表、一死二塁で佐々岡に代打を出すのが普通でしょう。タイガースの先発杉山も既にその時点で100球超えていたわけですから、8、9回はリリーフが出てくるのが必至なわけで、7回に何とかして点とっておかないとどうにもならなくなる可能性が高いわけですから。「何とか佐々岡に勝ちをつけたかった」というブラウン監督の気持ちもわかりますが、ここは非情采配に徹して欲しかったと思います。
攻撃の場面でも6回の一死満塁のチャンスに代打前田ではなく、そのまま末永でよかったような気がします。気持ちで打つタイプで足の速い末永の方があの場面は適任だったような気がするのですが。ただ昨日は満塁で2回打席が回ってきた井生がどっちのチャンスでも結果を出せなかったのも非常に痛かったと思います。
結局3連敗で終わってしまいました。打線の主力メンバーが故障で欠け、得点力が落ちている上に先発もいないと危機的状況ではありますが、残り試合来期に向けて結果を出して欲しいものです。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

September 28, 2006

ロマノ、またも突如崩れる

昨日の対阪神20回戦は1-5でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1  6 1
阪神 0 0 0 4 1 0 0 0 X 5 10 1

勝利投手 井川(12勝9敗0S)
セーブ
敗戦投手 ロマノ(5勝9敗0S)
本塁打 [ 阪神 ] シーツ 19号(4回裏2ラン)、浜中 19号(4回裏2ラン)
バッテリー [ 広島 ]ロマノ、広池、小山田 - 倉
[ 阪神 ]井川 - 矢野

3回まで無安打ピッチングだったロマノ、4回に突如崩れてホームラン2本で4失点。
まあこれがロマノだということはわかっていますが、突然大量失点では守っている方もたまったものではありません。先発の頭数が足りない以上、ロマノを先発で投げさせざるを得ないことは理解できますが、正直先発としてはもう見たくないですね。
ベストメンバーのタイガースに対し、飛車角落ちのカープではこの結果も致し方ないのでしょうか。
むなしいですね。

| | Comments (39) | TrackBack (0)

September 27, 2006

う~ん、残念な惜敗

昨日の対阪神19回戦は2-3でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 6 0
阪神 2 0 0 0 0 1 0 0 X 3 7 0

勝利投手 [ 阪神 ] 安藤(8勝3敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 小島(0勝1敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(5勝0敗15S)
本塁打 [ 阪神 ] 鳥谷 14号 6回ソロ
バッテリー [ 広島 ] 小島、河内、林、高橋 - 石原
[ 阪神 ] 安藤、ダーウィン、吉野、久保田、ウィリアムス、藤川 - 矢野

今日こそタイガースに引導を渡して欲しかったんですがね。惜しいゲームでしたが負けてしまいました。小島、初勝利はまたもおあずけです。
前回のタイガース優勝の際の相手がカープ。その時は河内が好投していたのですが長谷川がホームランを打たれてサヨナラ負け。憎っくきタイガースにはその時のお返しをして欲しかったのですがね。7回表、1点差に詰め寄ってさらに二死満塁ってところでもう一本が出なかったのが残念でした。
それにしても今日のスタメン、消化試合というか、もう来季を見据えての控え選手の戦力見極めって感じが濃厚にします。まあ今季最下位は無さそうですのでまずは一歩前進ってとこでしょうか。
明日以降、敵地甲子園ですからなかなか厳しいとは思いますが何とかタイガースに一矢報いて欲しいものです。

P.S.試合前の練習中に、梵が打球を顔面に当て骨折の疑いとのこと。大ショックです( ̄▽ ̄;)!!ガーン、。
新人王目指してまっしぐらのところで、これは本人にもチームにも大きな痛手です。悲しい。

| | Comments (21) | TrackBack (1)

September 26, 2006

高校生ドラフト会議、行なわれる

昨日行なわれた高校生ドラフト会議でカープは下記の2名の交渉権を獲得しました。

1位 前田健太 (投手 PL学園)
3位 会沢 翼 (捕手 水戸短大付属)

今年のドラフト会議、1位指名が競合しまくりました。結局、単独指名できたのはカープのみ。一時はマリーンズも前田を指名するのではという情報があり、戦々恐々だったのですが、そのマリーンズは八重山商工の大嶺投手をサプライズ指名。お陰さまで無事、前田の交渉権を獲得する事が出来ました。
今回は前田を指名できるか否かにドラフトの成否がかかっていましたので無事指名でき、まずは万万歳です。
youtubeにupされた前田のピッチングを見ましたが実に素晴らしいピッチャーですね。カープとしては久々の実戦型のピッチャーとして期待できそうです。
3位指名の会沢捕手、甲子園の出場はありませんが複数の球団が目をつけていた強肩強打の捕手とのこと。カープの最大の補強ポイント「打てる捕手」としての指名のようです。
今季のドラフトは即戦力重視という事で高校生の指名は2名のみとなりましたが、2人とも楽しみな素材です。
是非頑張って欲しいものです。

| | Comments (101) | TrackBack (1)

September 25, 2006

ピリッとしませんなぁ

昨日の対横浜21回戦は3-4でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
横浜 0 1 1 0 0 1 0 1 0 4  8 1
広島 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3  8 0

勝利投手 [ 横浜 ] 川村(4勝4敗3S)
敗戦投手 [ 広島 ] 河内(0勝1敗0S)
セーブ [ 横浜 ] クルーン(2勝4敗22S)
バッテリー [ 横浜 ] 門倉、川村、加藤、クルーン - 相川
[ 広島 ] 大竹、フェリシアーノ、梅原、広池、河内、小山田 - 倉

やはり3タテってのはなかなか難しいものです。まあ折角勝ち越しても押し出しの四球で同点にしているようでは勝てませんね。大竹、本当に今季は(も?)安定しませんね。1人でゲームぶち壊しって感じです。負け投手は河内になってしまいましたが、今日は先発の大竹の責任重大でしょう。
それにしても3番新井、4番森笠、5番廣瀬って打順はどんなもんでしょうかね。今ひとつ監督の意図が伝わってこないのですが・・・・。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

September 24, 2006

ついに長谷川復活

昨日の対横浜20回戦は4-2でカープの勝ち。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
横浜 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2 7 0
広島 2 0 0 0 0 1 0 1 X 4 9 0

勝利投手 [ 広島 ] 長谷川(1勝1敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 土肥(2勝6敗0S)
セーブ [ 広島 ] 永川(5勝6敗24S)
本塁打 [ 広島 ] 新井 25号 6回ソロ
バッテリー [ 横浜 ] 土肥、吉川、山北、木塚 - 相川
[ 広島 ] 長谷川、小山田、河内、梅津、ベイル、永川 - 倉、石原

ついにあの長谷川が結果を出してくれました。この男の潜在能力を考えればここ数年の成績は本当じゃないと思っていました。今年もずっと中継ぎ、それも主にロングリリーフで使われていて大本営も「なぜもっと長谷川を使わないのか。」と言い続けて来たのですが、それには理由があったようです。大本営によるとランナーが出た際のクイックモーションが遅いために盗塁を防げないため、一点を争うゲームでは使えないという首脳陣の判断だったようです。
しかし今日は長谷川のここまでの努力が認められたようです。もともと素質はある投手、来期に向けてまた明るい結果が出て本当に嬉しいです。
今日は新井も3打点、久しぶりの連勝です。今日も頑張って連勝をのばして欲しいものです。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

September 23, 2006

粘投佐々岡、久々の勝利

昨日の対横浜19回戦は1-0でカープの勝ち。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
広島 0 0 0 0 0 0 1 0 X 1 4 0

勝利投手 [ 広島 ] 佐々岡(7勝7敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 牛田(3勝3敗0S)
セーブ [ 広島 ] 永川(5勝6敗23S)
バッテリー [ 横浜 ] 牛田、木塚 - 相川
[ 広島 ] 佐々岡、ベイル、永川 - 石原

わずか4安打のカープが、たった1回のチャンスを活かし、息詰まる投手戦を制しました。
ベイスターズ先発の牛田のフォークにてこずっていたカープでしたが7回初めて無死からランナーを出し、前田が最低限の仕事でこのランナーを返し、ベイスターズに競り勝ちました。
カープ先発の佐々岡、7回無失点の粘りの投球で久々の7勝目です。おめでとうございます。
3回の1死満塁のピンチではどうなる事かと思いましたが東出の好守に救われました。昨年の佐々岡を知る者としては今年の復活には脱帽です。ドラゴンズの山本昌に負けないよう、まだまだ頑張って下さい。
往年の広島野球のような渋いゲームでベイスターズに勝ちました。残り試合もあとわずかですが選手の皆様には怪我に気をつけて頑張って下さい。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

September 20, 2006

守護神崩壊で逆転負け

昨日の対讀賣20回戦は5-7でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
巨人 0 0 0 1 0 0 2 4 0 7  6 1
広島 0 2 0 0 0 2 0 0 1 5 13 1

勝利投手 [ 巨人 ] 林(4勝4敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 永川(5勝6敗22S)
セーブ [ 巨人 ] 高橋尚(1勝3敗15S)
本塁打 [ 巨人 ] 高橋由 12号 4回ソロ、二岡 24号 7回2ラン、小久保 17号 8回満塁
[ 広島 ] 梵 8号 9回ソロ
バッテリー [ 巨人 ] パウエル、久保、林、豊田、高橋尚 - 阿部
[ 広島 ] 小島、梅原、河内、高橋、小山田、梅津、永川 - 石原

ジャイアンツ相手に連夜の1点差勝ち、って訳には行きませんでした。
ゲームは1点リードで迎えた8回表、梅津が2死を取りながら鈴木にヒットを打たれ、ここで永川投入。しかしこれが大誤算。高橋由伸、李と連続四球を与え満塁で小久保に逆転満塁ホームランを打たれジ・エンド。
しかし守護神が打たれたのでは仕方ありますまい。
今季初先発の小島、惜しくもプロ初勝利を逃しましたが5回を2安打1失点とジャイアンツを押さえ込みました。昨年も5回まで投げて勝ち投手の権利を得て降板しながら、後続が逆転され勝ち星を逃した事がありました。運が悪かったと思いますが、今日のような投球が出来ればいずれ勝ち星はついてくると思います。これに腐らず頑張って下さい。
ここに来て二軍で頑張ってきた選手達が結果を出し始めました。正直あと20試合早ければとは思いますが、来季に向けて明るい兆しが出てきたのは良い事です。残り試合、さらなる新星の登場に期待したいところです。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

September 19, 2006

連敗脱出

昨日の対讀賣19回戦は4-3でカープの勝ち。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
巨人 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3  8 0
広島 2 1 1 0 0 0 0 0 X 4  8 0

勝利投手 [ 広島 ] 大竹(5勝12敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] 上原(7勝8敗0S)
セーブ [ 広島 ] 永川(5勝5敗22S)
本塁打 [ 巨人 ] 李 40号 4回2ラン
[ 広島 ] 嶋 24号 3回ソロ
バッテリー [ 巨人 ] 上原、西村 - 阿部
[ 広島 ] 大竹、小山田、河内、ベイル、永川 - 倉

ジャイアンツ相手に1点差、最後まで肝が冷えっぱなしでしたが、何とか逃げ切って連敗脱出です。
順番は逆ですが開幕当初に想定されていた勝利の方程式、ベイル-永川が機能しての勝利、感慨もひとしおです。大竹悪いながらも要所を締めて6回3失点で5勝目です。おめでとうございます。
さて残り試合も20を切りました。河内の復活も一例ですがここまでくれば来季の展望が見えるようなゲームをお願いします。最後までカープを応援します。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

September 17, 2006

今季最悪7連敗

昨日の対ヤクルト19回戦は3-4でカープの負け。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広  島 0 0 0 0 0 2 0 1 0 3  8 0
ヤクルト 2 0 0 1 1 0 0 0 X 4  8 0

勝利投手 [ ヤクルト ] ゴンザレス(8勝6敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 長谷川(0勝1敗0S)
セーブ [ ヤクルト ] 高津(1勝2敗10S)
本塁打 [ 広島 ] 前田 19号 6回2ラン
[ ヤクルト ] 田中浩 4号 4回ソロ
バッテリー [ 広島 ] 長谷川、広池、ベイル、梅津 - 倉
[ ヤクルト ] ゴンザレス、館山、木田、高津 - 福川、米野

今季初先発の長谷川4回3失点。う~ん、立ち上がりの2失点がもったいなかった。
昨日に比べれば頑張っているんですがね。残念な惜敗です。スワローズ中継ぎ投手陣は攻略できない事はないと思うのですが、今日は先発、ゴンザレスにてこずったのが計算外でした。
これで7連敗。トンネルの出口は見えているような気がするのですが今日こそは勝ってください。
ところでドラゴンズ山本昌がノーヒットノーランだとか。いよいよタイガース、テンパってきましたね。いい気味ですわ。

| | Comments (83) | TrackBack (1)

September 16, 2006

今日も負けたよ、6連敗

昨日の対ヤクルト18回戦は5-8でカープの負け

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広  島 0 2 0 0 0 0 3 0 0 5  9 0
ヤクルト 0 0 0 7 0 0 0 1 X 8 13 0

勝利投手 ガトームソン(8勝9敗0S)
セーブ 高津(1勝2敗9S)
敗戦投手 ロマノ(5勝8敗0S)
本塁打 [ ヤクルト ] 青木 10号(4回裏満塁)
バッテリー [ 広島 ]ロマノ、河内、小山田、高橋 - 倉
[ ヤクルト ] ガトームソン、花田、木田、高津 - 福川、米野

今日は日比谷公園にビールを飲みに行く日でした。
天敵ガトームソン相手に3回まで2-0。「今日こそ勝ってくれ」と念を送ってから出かけたのですが、帰ってきてみれば4回裏に青木の満塁ホームランを含む7失点で逆転負け。これで6連敗ですか・・・トホホ。
大本営発表によるとロマノの1人相撲だったようで。今のカープに1人相撲をやっている余裕はないんですがねぇ。
ブラウン監督の言葉にもあるように、試合を作ってくれる投手がいないという現状が辛いですわ。
話は変わりますが弱いものいじめの好きなタイガース、ドラゴンズに惨敗しているようじゃ優勝なんてムリムリ。
悔しかったら自力で勝てよ!!!

| | Comments (157) | TrackBack (0)

September 15, 2006

ついに5連敗・・・・orz

昨日の対阪神18回戦は2-4でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神 0 1 0 1 0 0 0 2 0 4 10 0
広島 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2  9 0

勝利投手 [ 阪神 ] ダーウィン(1勝2敗2S)
敗戦投手 [ 広島 ] 高橋(2勝3敗0S)
セーブ [ 阪神 ] ウィリアムス(2勝2敗2S)
本塁打 [ 阪神 ] 金本 21号 2回ソロ
[ 広島 ] 新井 24号 4回2ラン
バッテリー [ 阪神 ] 杉山、吉野、桟原、江草、ダーウィン、ウィリアムス - 矢野
[ 広島 ] 佐々岡、高橋、梅津、永川 - 石原

昨日と同様な拙攻の挙句、今日も競り負けです。
今日の佐々岡、7回まで投げて2失点、よく頑張ったと思います。けれどもその佐々岡を今日も打線が見殺しにしてしまいました。6回、7回と再三のチャンスを潰し、挙句の果てに内野安打で2失点。それが決勝点になってしまいました。今日は嶋がスタメンから外れ、打線もかなりいじってきたのですが昨日と同じ残塁の山。なんだかペナントレース当初のチャンスで打てない打線に逆戻りです。
連敗ストッパー、黒田の不在は痛いですね。ずるずると5連敗です。どこかに救世主はいませんか。はぁ。

| | Comments (6557) | TrackBack (1)

September 14, 2006

我慢比べも一点に泣く

昨日の対阪神17回戦は4-5でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神 3 0 1 0 1 0 0 0 0 5  9 0
広島 0 1 3 0 0 0 0 0 0 4  9 1

勝利投手 桟原(1勝0敗0S)
セーブ 藤川(5勝0敗12S)
敗戦投手 フェリシアーノ(0勝1敗0S)
本塁打 [ 阪神 ] シーツ 18号(1回表2ラン)
[ 広島 ] 前田 18号(2回裏ソロ)
バッテリー[ 阪神 ]井川、桟原、吉野、ダーウィン、ウィリアムス、藤川 - 矢野
[ 広島 ]フェリシアーノ、広池、梅原、ベイル、梅津、高橋 - 倉

折角井川をマウンドから引き摺り下ろして同点としたのに内野ゴロで失った一点が命取りとなってしまいました。
今日はタイガースの中継ぎ投手陣を誉めるべきでしょう。う~ん、それにしても惜しい負けです。ほんと悔しいです。それにしてもまたまた西宮カープの皆様にしてやられてしまいました。前回のカードで3タテ喰らわしてやってせいせいしたのもつかの間、なんだか嫌な負け方ですね。逆に3タテ喰らわないように頑張って下さい。明日は勝って連敗脱出だ~ぁ。

| | Comments (137) | TrackBack (0)

September 13, 2006

涙雨 惨敗

昨日の対阪神16回戦は2-6でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
阪神 2 0 3 0 1      6  9 0
広島 1 0 0 1 0      2  5 0

勝利投手 安藤(6勝3敗0S)
セーブ
敗戦投手 大竹(4勝12敗0S)
本塁打 [ 阪神 ] 金本 19号(1回表2ラン) 20号(5回表ソロ)、鳥谷 13号(3回表3ラン)
[ 広島 ] 梵 7号(1回裏ソロ)
バッテリー[ 阪神 ]安藤 - 矢野
[ 広島 ]大竹 - 石原

大竹投手、先日とは別人となっていました。というかこっちがリアル大竹か前回とは打って変わって球が高く、そこを狙い打たれました。ホームランを三本打たれ6失点、あげくは天も味方せず、雨天コールド負けです。
ここで3連敗ですか。Aクラスは遠のくばかりですね。

| | Comments (138) | TrackBack (0)

September 12, 2006

投手陣再編

ブラウン監督、ようやく投手陣の再編にかかりました。
横山、林、田中、マルテを二軍に降格させました。
横山、林あたりは開幕から中継ぎ投手陣の中心として活躍してきましたが、やはりここに来て疲れが溜まってきたのか防御率が悪化してきていましたし、肝心なところで一発を喰らうケースも出てきていましたのでここで一休みというところでしょうか。力が上位なのは間違いありませんし、リフレッシュしてまた戦列へ復帰して欲しいものです。田中は前回の登板が散々でした。もう一回チャンスを与えるかと思っていましたが早々の降格です。
マルテはベイルと入れ替わりのため、泣く泣くということでしょう。
大本営の発表によると上がってくるのは小島、ベイル、梅原、小山田の四人のようです。
小島は今季初の一軍、梅原はプロ入り初の一軍となります。
特に小島は先発起用が濃厚とのことです。先発投手陣の救世主となってくれることを期待します。
頑張ってください。

| | Comments (80) | TrackBack (0)

September 11, 2006

田中 一人相撲

昨日の対中日17回戦は4-12でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
中日 5 3 0 0 0 2 2 0 0 12 15 3
広島 3 1 0 0 0 0 0 0 0  4  8 1

勝利投手 [ 中日 ] 久本(1勝1敗1S)
敗戦投手 [ 広島 ] 田中(0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [ 中日 ] 井端 5号 1回ソロ、井上 8号 1回3ラン、荒木 2号 2回ソロ、福留 26号 2回2ラン
バッテリー [ 中日 ] 佐藤充、久本、デニー、岡本、小林、吉見 - 谷繁
[ 広島 ] 田中、長谷川、マルテ、林、横山 - 倉、井生

黒田に替わって一軍登録された田中が先発しました。しかし初回に5失点、味方が反撃して3点返した後の2回に3失点と完全な一人相撲。
今季初先発という事で硬くなっていたのかもしれませんが散々な投球となってしまいました。
後をつないだ長谷川が非常にいいピッチングをしました。中国新聞も書いていましたが 長谷川、そろそろ先発で使ってみてはどうでしょうか。なにしろ先発で2ケタ勝利をあげたこともあるピッチャーです。ここ数年は調子を崩していましたが今季は安定したピッチングを続けています。黒田が離脱した今こそ是非起用を検討して欲しいものです。
首位ドラゴンズに連敗は痛いです。対ドラゴンズの星も8勝8敗1分けと五分になってしまいました。唯一ドラゴンズに勝ち越しているというのがカープの売りだったんですがねぇ。残り試合頑張って下さい。

| | Comments (123) | TrackBack (1)

September 10, 2006

競り負け

昨日の対中日16回戦は6-7でカープの負け。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
中日 1 0 0 2 0 0 3 1 0 7 11 1
広島 3 0 0 0 1 0 2 0 0 6  9 1

勝利投手 小林(1勝0敗0S)
セーブ 岩瀬(1勝2敗34S)
敗戦投手 横山(3勝5敗1S)
本塁打 [ 中日 ] 福留 24号(4回表ソロ) 25号(7回表3ラン)、ウッズ 33号(4回表ソロ)、アレックス 13号(8回表ソロ)
[ 広島 ] 新井 23号(1回裏3ラン)、梵 6号(5回裏ソロ)
バッテリー[ 中日 ]山本昌、高橋聡、鈴木、小林、岡本、岩瀬 - 谷繁
[ 広島 ] ロマノ、広池、林、横山、梅津 - 倉

ロマノが6回2/3までよく投げたのですが、替わった広池が福留に打たれたスリーランホームランが痛かったですね。今日も打線は活発で点を取ったんですが、8回に横山がアレックスに打たれたホームランが決勝点になってしまいました。横山の一発病は相変わらずですね。こういう競ったゲームで出すのは怖いです。
まあ、負けはしましたがドラゴンズ相手にいいゲームはやっています。新井も絶好調のようですし。
明日のゲームが重要です。誰が投げるんでしょうか。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

September 09, 2006

伏兵の活躍で大逆転勝利

昨日の対中日15回戦は8-7でカープのサヨナラ勝ち。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計 安 失
中日 1 0 0 0 6 0 0 0 0 0  7 12 0
広島 0 1 0 1 0 0 0 4 1 1X 8 13 3

勝利投手 永川(5勝5敗21S)
セーブ
敗戦投手 久本(0勝1敗1S)
本塁打 [ 中日 ] 福留 23号(1回表ソロ)、井上 7号(5回表ソロ)、森野 7号(5回表3ラン)
[ 広島 ] 新井 21号(2回裏ソロ) 22号(4回裏ソロ)、前田 17号(8回裏2ラン)、広瀬 1号(8回裏2ラン)
バッテリー[ 中日 ] 朝倉、平井、岩瀬、久本、岡本 - 谷繁
[ 広島 ]フェリシアーノ、長谷川、河内、マルテ、高橋、永川 - 倉

7回裏の状況まで会社でチェックして「今日は負けか・・・」と思いながら帰宅したのですが、なんと逆転でサヨナラ勝ちとは。やはり野球は最後まで諦めてはいけませんね。それにしてもドラゴンズ中継ぎ投手陣を相手に5点差をひっくり返すとはたいしたものです。今日は廣瀬のツーランホームランといい、岡上のスリーベースといい、倉のサヨナラ打といい伏兵の活躍が目立ったゲームでした。
どうやら黒田が今季は絶望という事でいよいよチームの状況は厳しくなってきていますが全員野球で何とか切り抜けて言って欲しいものです。ここに来て新井の調子が上がってきているのは明るい材料ですね。今日は2打席連続ホームランで猛打賞です。チームが苦しい時こそ4番の力が必要です。頑張って欲しいものです。

| | Comments (66) | TrackBack (0)

September 08, 2006

打撃妨害でサヨナラ負け

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計 安 失
広島 2 0 0 3 0 0 0 0 0 0  5 11 3
横浜 2 1 0 0 0 2 0 0 0 1X 6 10 1

勝利投手 [ 横浜 ] 川村(3勝3敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 永川(4勝5敗21S)
セーブ
本塁打 [ 広島 ] 前田 16号 4回2ラン
バッテリー [ 広島 ] 佐々岡、横山、林、広池、梅津、永川 - 倉、石原
[ 横浜 ] 吉見、三橋、木塚、加藤、クルーン、川村 - 鶴岡

6回終わって5-5の同点になったところで会社を出たのですが、帰ってきてみればとんでもない幕切れだったようで・・・・。打撃妨害でサヨナラ負けってなんやそれ~って結末です。腰痛再発で万全ではない永川まで投入してこの結果は残念です。
それにしても今日一言だけ言われてもらえば「横山、お前何しに出てきたんや!」ってとこでしょうかね。折角打撃陣が頑張って逆転していい流れだったのを一死も取れずにノックアウトって悲しすぎですわ。アレが無ければ延長までもつれこむようなゲームにはならなかったんですが。どうも今年はベイスターズとはこんなもつれたゲームが多くていやですね。それが対戦成績にも出ているように思います。
まあ昨日はミスも多かったし、負けても何もいえない状況ですね。故障者続出で辛いところですが切り替えて頑張って下さい。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

September 06, 2006

黒田投手 2ヶ月連続月間MVP受賞

8月度の月間MVPが昨日発表され、セリーグ投手部門はカープの黒田博樹投手が2ヶ月連続の受賞となりました。

2006年8月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

2ヶ月連続受賞はセリーグでは8人目、カープでは初とのことです。
勝ち星といい、防御率といい、文句ない成績ですので順当な受賞だと思います。黒田投手、おめでとうございます。
そんな黒田ですがなんともいやなニュースが入ってきました。右ひじに違和感が出て次の登板を回避するとの事です。ついにエースまで不安発生ですか・・・orz
たいした事が無ければ良いのですが。祈る思いです。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

大竹 無四球完投勝利!

昨日の対横浜17回戦は8-1でカープの勝ち。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島 1 0 6 0 1 0 0 0 0 8 9 0
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 2

勝利投手 [ 広島 ] 大竹(4勝11敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 三浦(7勝10敗0S)
セーブ
本塁打 [ 広島 ] 前田 15号 5回ソロ
[ 横浜 ] 石井 6号 9回ソロ
バッテリー [ 広島 ] 大竹 - 倉
[ 横浜 ] 三浦、牛田、山北、秦、ソニア - 鶴岡

大竹、今季初の無四球完投勝利で4勝目GETです。というか観戦していたカープファン、皆8回2死までもしかしたら、と思ってたんじゃないでしょうか。8回2死から内川にセンター前ヒットを打たれるまで、ベイスターズ打線相手にパーフェクトピッチングです。9回にも石井琢朗にホームランを打たれ惜しくも完封はなりませんでしたが、あの大竹が無四球で完投ですよ。信じられません。でもこの勝利、大竹にとっても大きな自信となるのではないでしょうか。とにかくおめでとうございます。今日の大竹は打つほうでも大活躍。3回には大量点の口火を切るヒットに続き、打者一巡後の打席でもタイムリーヒットを打ちました。ピッチャーが同イニング2安打っていうのもかなり珍しい記録ではないでしょうか。
昨日はベイスターズのエース三浦を3回でノックアウトして大量リードでほんと久しぶりに安心しながら(でも別の意味でドキドキしながら)ゲームを追うことが出来ました。久しぶりに楽しい観戦でした。
さて幸先良く勝利しました。今日明日も頑張って勝ちましょう。頑張れ、カープ。

<追記>今日は移動日で試合はないんですね。それから、ピッチャーの1イニング2安打は1994年7月25日に当時のカープ・川口和久投手が横浜戦でマークして以来だそうです。12年ぶりに同じカードというのも因縁を感じますね。

| | Comments (126) | TrackBack (1)

September 04, 2006

カープ逆転で粘り勝ち

昨日の対ヤクルト17回戦は8-5でカープの勝ち。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ヤクルト 2 0 0 1 2 0 0 0 0 5 9 1
広  島 0 2 0 0 4 0 2 0 X 8 10 3

勝利投手 ロマノ(5勝7敗0S)
セーブ 永川(4勝4敗21S)
敗戦投手 松井(3勝5敗0S)
本塁打 [ ヤクルト ] 福川 3号(5回表2ラン)
[ 広島 ] 前田 14号(2回裏ソロ)、緒方 6号(2回裏ソロ)、嶋 23号(7回裏2ラン)
バッテリー [ ヤクルト ]鎌田、松井、五十嵐、高井 - 福川
[ 広島 ]ロマノ、長谷川、梅津、永川 - 石原

なんと緒方、ファーストで初スタメンですよ。若い頃は内野手でしたがファーストを守っていたことはなかったはずです。しかしその緒方、今日は大活躍でした。エラーもありましたが、チームを救う打撃に好走塁。外野のスタメンを巡る争いが熾烈になるにつれて、こういう起用も今後増えていくのでしょう。
さて何とかスワローズに勝ってAクラスへ首の皮一枚つながったような感じです。
明日からは苦手のベイスターズ戦です。連勝できないものでしょうかね。

| | Comments (133) | TrackBack (0)

September 03, 2006

痛い逆転負け

昨日の対ヤクルト16回戦は4-8でカープの負け。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ヤクルト0 0 0 0 0 3 4 0 1 8  12 1
広  島1 0 1 0 0 0 0 2 0 4  10 0

勝利投手 [ ヤクルト ] ガトームソン(7勝8敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 林(2勝3敗0S)
セーブ
本塁打 [ ヤクルト ] 岩村 28号 6回2ラン、ラミレス 21号 6回ソロ、ガトームソン 1号 7回2ラン、岩村 29号 7回2ラン、リグス 33号 9回ソロ
[ 広島 ] 嶋 22号 3回ソロ
バッテリー [ ヤクルト ] ガトームソン、木田、花田、館山、松井 - 米野
[ 広島 ] フェリシアーノ、林、河内、マルテ、広池 - 倉

ガトームソンにホームランを打たれているようじゃどうにもなりません。失点は全てホームラン。スワローズ相手に痛い星を落としました。
相変わらずの魔の6回ですね。先発投手の見切り時が難しいところです。
梵が復帰したのはいいのですが、今度は東出が腰痛でリタイヤ。厳しいですね。
スワローズ相手になかなか勝ち越せません。Aクラス、厳しいのでしょうか。頑張って下さい。

| | Comments (681) | TrackBack (0)

September 01, 2006

黒田13勝目 ジャイアンツに完封勝ち

昨日の対讀賣18回戦は3-0でカープの勝ち。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3  7 0
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  3 3

勝利投手 [ 広島 ] 黒田(13勝6敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] 西村(5勝7敗0S)
セーブ [ 広島 ] 永川(4勝4敗20S)
バッテリー [ 広島 ] 黒田、梅津、永川 - 倉
[ 巨人 ] 西村、野間口、前田 - 阿部

昨日、一昨日のお返しでジャイアンツに完封リレーで勝利です。
黒田、今日もすばらしいピッチングでジャイアンツ打線を封じ込めました。まさにエースの投球、貫禄ですね。今日は7回81球で交代しましたが、前回130球以上投げてますので今日は早めに交代したのでしょう。ついに防御率1.86、先発投手としては考えられないような数字です。このまま最多勝、最優秀防御率を狙って欲しいものです。継投も8回は梅津、9回は永川が3人ずつでピシャリと押さえました。このパターンは今、非常に安定しているのですが、いかんせん先発で7回まで試合を作れる投手が黒田以外にいないので宝の持ち腐れですね。
とりあえず連敗は脱出しました。明日からのスワローズ戦、連勝を狙って欲しいものです。

| | Comments (4800) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »