« December 2006 | Main | February 2007 »

January 15, 2007

またまたココログのメンテナンスです。

先日のメンテナンスに引き続き、明日15時から明後日15時までの24時間、ココログがメンテナンスに入るとのことです。

1/16 ココログベーシック/プラス/プロのメンテナンス実施について

前回のメンテナンスで上手くいかなかったところを改修するようです。
もはや慣れっこになってしまったココログのメンテナンスですが、なるべく影響の無い時間帯にやっていただきたいというのが本音です。
今回は24時間という事で前回に比べればまだましですが、書きたいときに書けないっていうのはかなりストレスの溜まるものです。そこのところ、@niftyにもよく考えてもらいたいものです。

という訳でメンテナンス中はコメントやトラックバックも出来なくなります。
悪しからずご容赦ください。

| | Comments (59) | TrackBack (0)

「ブラウン語録」カレンダー ようやく入手しました

広島カープ球団が毎年作成しているカレンダー、今年は「ブラウン語録」カレンダーと銘打って発売されましたが、なんと完売したとのお知らせが1月9日付で球団より発表されました。
完売したとなるといっそう欲しくなるのが人情。広島のアンテナショップ「ゆめてらす」にあるという情報を得て12日の金曜日に会社帰りに寄ってみましたが、こちらも完売。
もはや諦めていたのですが、品川プリンスホテルのコンビニショップにまだあるとの情報を得て、本日会社帰りに品川まで行ってみました。
ありましたよ!!残り6部。
早速購入し帰宅いたしました。
Carpcalender2007

品川プリンスホテルはシーズン中はカープの定宿になっているということもあり、このホテルのショップに置いてあったのでしょうがなんとか手に入れることが出来て一安心。
あとはこのカレンダーが歴史に残るシーズンのものになることを祈っております。

| | Comments (2054) | TrackBack (0)

January 10, 2007

危険なネット規制への動きに要注意!

ネット規制に向けて、またもきなくさい動きが出てきているようです。

発信者情報:同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針(毎日新聞)

インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、情報を書き込んだ発信者の同意がなくても被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。これまでは発信者が開示を拒否すれば、誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、泣き寝入りするケースが多かった。業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、来春から導入する。【ネット社会取材班】

 02年に施行されたプロバイダー責任制限法はプライバシー侵害など正当な理由があれば、被害者がプロバイダー(接続業者)に対し、書き込みをした発信者の情報開示を求める権利を初めて認めた。しかし、実際の運用では「どのような内容が侵害に当たるか明確な基準がなく、業者側で判断できない」(社団法人テレコムサービス協会)との理由で、発信者の同意が得られなければ事実上、開示できなかった。

 このため、業界は総務省とも協力し、同法に基づく自主的な発信者情報開示のためのガイドラインを策定することを決めた。原案によると、他人の氏名や住所、電話番号など個人を特定する情報を掲示板などに勝手に書き込む行為を幅広く「プライバシー侵害」と認定。個人を名指しして病歴や前科を公開することも含まれる。

 こうした場合にプロバイダーが被害者からの要請を受け、発信者の同意がなくても、その氏名や住所、電話番号、電子メールアドレスなどを開示できるようにする。

 一方、名誉棄損については、プロバイダーによる任意の発信者情報開示をあまり広く認めると「政治家や企業経営者らの不正や問題点の内部告発までネット上からしめ出す懸念もある」(業界団体幹部)と判断。これまでの名誉棄損裁判の判例も踏まえ、公共性や公益性、真実性などが認められない個人への誹謗(ひぼう)や中傷に限って自主的な開示の対象とする。

 被害者は裁判で発信者情報の開示を求めることが多かったが、悪質な書き込みをした発信者を早急に特定し、損害賠償請求できる可能性も高くなるとみられる。

 業界と総務省は一般からの意見も募集したうえで、早ければ来年2月にも導入する方針。

毎日新聞 2006年12月26日 3時00分


------------------------------ここまで引用-----------------

年明け早々から毎日新聞が反ネットのキャンペーンを打ち始めたようです。
正月元旦号では1面から3面を使い2ちゃんねるの匿名投稿を批判攻撃しています。
さらにここで発信者の同意なくプロバイダーの判断で住所、指名などの個人情報を開示できるような新ガイドラインを設定しようとしている事を他社に先駆けて報道しています。
2ちゃんねるをご覧になった方はよくおわかりでしょうが、玉石混交、確かに見ていてどうか、と思わせるような書き込みがあるのは事実です。しかし、それ以上にいろいろな視点からの意見を見ることが出来、非常に興味深いと言うことも事実です。
これこそ、まさに自ら情報を取捨選択し、その情報を自己責任で管理する「メディアリテラシー」が試されるものであると思います。
事実、私もネットの中でマスコミ等が報じない様々な情報に接し、多くの意見の中から情報を取捨選択し、自分の思想信条を180度変えてしまった人間の一人です。
様々な情報を取捨選択するためには、様々な情報が発信されている事が必要です。実社会の中では実名ではとても発信できないような情報もあります。匿名であるからこそ発信できる情報もあるのです。そのような情報の発信をシャットアウトしてしまうような今回のガイドラインの設定に対しては断固反対するものです。
このようなガイドラインの設定はいずれ拡大解釈され、自由に情報の発信できないような社会を招きかねないものです。このような動きには以前問題になった「人権擁護法案」と同じ臭いを感じます。
毎日新聞が先陣を切ってこのような報道をしている事を考えれば、自分たちにとって都合の悪い現在のネット社会に制限を加えようとする毎日新聞に近い筋の一部勢力の圧力を感じます。
自由な情報発信が出来るからこそ、このようなBlogを書き綴っていけるわけで、その自由を制限しようとするような今回の動きには頑固反対の論陣を張っていきたいと思います。

| | Comments (417) | TrackBack (1)

January 05, 2007

「廣瀬純 野球日記」ブログ 開設!

いつも巡回している「Cb ~Carp Blog~」さんよりの情報で知ったのですが、このたびカープの廣瀬純選手がBlogを始められたようです。
題して「廣瀬純 野球日記」。最初は本当に廣瀬選手が書かれているか疑問の声もあった様ですが、エントリーの内容を見る限りどうやら本当に廣瀬選手ご自身が書いていらっしゃるようです。Blogで私達一般のファンに情報を発信してくださると言う事は実にありがたいことと思います。

廣瀬選手といえば先日の【オフ企画】の記事でも書きましたように、私の大学の後輩で、今季の活躍を期待している選手の一人でもあります。もともと守備には定評があったものの、打撃面ではこれまでイマイチという感じでしたが、昨年の活躍は一皮剥けたと思わせるものでした。六大学リーグでは三冠王を取ったほどの選手ですからまだまだ伸びしろはあると思います。カープの外野は層が厚いですが、怪我にだけは気をつけて是非スタメン奪取を目標に頑張って下さい。

| | Comments (110) | TrackBack (0)

January 04, 2007

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。
最近、更新をサボりがちで申し訳ありません。
なにぶんカープの話題の少ないシーズンオフ、ネタ枯れでございます。
平にご容赦。

今年のカープはブラウン体制2年目、黒田も残留しドラフトで即戦力投手を補強しました。今年は勝負の年です。
いかにも様子見という昨年と違い今年は結果が求められます。
私達ファンもカープをバックから支えていけるよう頑張りたいと思います。

今年もカープの話題を中心に時事ネタ、書評、思うこと、たまに仕事の話とぼちぼち更新していくつもりですのでよろしくお付き合いください。

| | Comments (9920) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »