« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

公僕は全体の奉仕者として仕事をすべきでしょう

昨日、最高裁で「君が代」のピアノ伴奏を拒否したことにより懲戒処分を受けた教師が、処分取消を求めて提訴していた裁判の判決が出ました。

君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断(讀賣新聞)

まあ、判決文を読んでみても、当然のことを当然と判断しているだけで、実にまともというか、何でこんなことで最高裁まで争わなくてはならないのか、さっぱりわかりません。

公立学校の教師は当然公務員です。公務員は全体の奉仕者であると憲法にも記されています。公務員が職務命令を受け、それに従うのは当然のことです。
学校の公的儀式である入学式において「君が代」のピアノ伴奏をするように、と校長が指示しただけのことで別に個人の思想信条に対して制限を加えようとしているわけではありません。
国民の税金から給料をもらいながら、国民に対する奉仕を拒否するなら、さっさと教師をやめればいいだけです。
公務員という安定した身分にいながらなんとふざけた態度なのでしょうか。

これまで日教組の影響を受けたサヨク教師が学校で「日の丸」「君が代」反対の運動をしてきたという由々しき実態がありましたが、最高裁で判例が出たわけで左翼勢力に対するひとつの楔となるかと思います。
歓迎すべき判決ですね。

| | Comments (143) | TrackBack (0)

February 27, 2007

低学歴で何が悪いのか?

現在、Blogランキング等でも上位に来ている「極右評論」(Blogの内容はちっとも極右ではなくて至極まともな中道の意見だと思いますが)主筆の瀬戸弘幸氏が高卒であることについて、その学歴を揶揄するような書き込みが2ちゃんねる上に現れているということで、瀬戸氏自身が思うところを述べております。
そもそも学歴で人を判断すること自体、おかしなことだと思います。
しかし、サヨクが右翼=低学歴というステレオタイプな考えを持つことは2ちゃんねる等を見ていればよくありがちです。
ここでこのような考えがなぜ生じてくるのかということに「外交と安全保障をクロフネが考えてみた」の管理人さんが「嫌韓派を解剖する」というエントリーの中でわかりやすい説明をされています。

一言で言えば、高学歴のお受験秀才は官僚育成システムとしての教育の中で勝ち残ってきた人々であり、彼らは自分の頭に必死になってインプットしたテキストやマニュアルを絶対視・神聖視するようになります。
そのインプットされたテキストやマニュアルが間違っていた場合、彼らの思考は停止し、そのテキストやマニュアルを批判する者の主張を無視するか、間違っているテキストやマニュアルを無理やり適用して他者に対してレッテル貼りをしてしまいます。挙句の果てに、自分の意見にあわない者の人格を否定したり、「こんな低学歴の人間の言うことなど取るに足らないこと」などという態度をとるということになります。
しかし、そもそもインプットするテキストやマニュアルの内容が正しいのかどうかということを判断しないで丸呑みしてしまう時点で、彼らの知性が退廃していると言わざるをえないというのがクロフネさんの意見です。

なるほど、高学歴の頭のいい人間ほど自分の頭の中に形成された思想に固執するあまり、まったく違う考えの前に思考停止して醜態を晒すというのは確かにありがちで、なかなか鋭い考えだと思います。
自分の意見を持たない人間の弱点ということでしょうか。ただこのような人間が国のトップに立っているようでは本当に先が思いやられますね。はっきりいって、低学歴であっても自分の意見を持ち、堂々と発信されている瀬戸氏のほうがよっぽど立派だと思いますがいかがでしょうか。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

February 26, 2007

オープン戦、始まる

いよいよオープン戦が始まりました。
カープは都城でライオンズとオープン戦初戦を行いました。

    1 2 3 4 5 計
西武  0 2 1 0 3  6
広島  0 1 1 0 0  2

降雨コールドゲーム 広島 0勝1敗0分

勝利投手 [ 西武 ] 岸
敗戦投手 [ 広島 ] フェルナンデス
セーブ [ 西武 ] ギッセル
本塁打 [ 西武 ] 中村(2回=1号2ラン)高山(3回=1号1ラン)
バッテリー [ 西武 ] 岸,ギッセル - 野田
[ 広島 ] フェルナンデス,青木高 - 上村,中東

オープン戦開幕投手は新戦力ナックルボーラーのフェルナンデスでしたが、2本のホームランを浴び3回3失点。
ナックルには不向きの追い風ということでナックル以外の球種をかなり投げたようですが、その球を狙い打たれたようです。日本では珍しいナックルボーラーということで話題は先行していますが、果たして日本で通用するのかちょっと不安ですね。

一方、攻撃陣では故障明けの尾形が2回の初打席でライト前にクリーンヒットを放ったとのこと。
頼もしい選手が帰ってきました。期待が高まりますね。
怪我にだけは気をつけて頑張って欲しいものです。

| | Comments (80) | TrackBack (1)

「河野談話」を速やかに否定すべし

昨日の朝のフジテレビ「報道2001」に現在、米国下院に慰安婦問題による対日非難決議案を提出しているマイク・ホンダ議員が出演したとのことです。

慰安婦決議案、「河野談話が根拠」 ホンダ議員(産経新聞)

インタビューの細かい内容については、いつも拝見させていただいている「ぼやきくっくり」さんにまとめられています。(いつも文章への起こし、ありがとうございます。)

で、従軍慰安婦問題についての根拠はといえば例の「河野談話」だとか。
以前のエントリーでも書きましたが、「河野談話」とは特定アジア諸国との衝突を回避せんがために、何の根拠も無いにもかかわらず日本政府が「従軍慰安婦」の存在を認め謝罪した、まことに後々に禍根を残した談話です。

今回の米国下院の対日非難決議案についても、突き詰めればこの「河野談話」に行き着くわけです。
やはりここは何が何でも一刻も早く、日本政府はこの「河野談話」を否定すべきです。
それにしても、この問題の張本人である「紅の傭兵」もとい河野洋平氏がいまだにのうのうと衆議院議長をやっているというのも信じられない話です。
これほど日本の国益に害を及ぼしていることを考えれば、万死に値すると思います。
責任をとって即刻国会議員を辞職していただきたいものです。

最後にマキアヴェッリ先生の言葉を再録させていただきます。

君主は、自らの権威を傷つけるおそれのある妥協は、絶対にすべきではない。たとえそれを耐えぬく自身があったとしても、この種の妥協は絶対にしてはならない。なぜならほとんど常に、譲歩に譲歩を重ねるよりも、思いきって立ち向かっていたほうが、たとえ失敗に終ったとしても、はるかによい結果を生むことになるからである。もしも、正面衝突を回避したい一心で譲歩策をとったとしても、結局は回避などできないものだからだ。なにしろ、譲歩に譲歩を重ねたところで相手は満足するわけでもなく、それどころか相手の敵意は、あなたへの敬意を失ったことによって、より露骨になり、より多くを奪ってやろうと思うようになるのがオチなのだ。また、思慮もない譲歩策によって示されたあなたの弱みは、味方になりえた人々をも失望させ、彼らを冷淡にさせてしまうであろう。反対に、もしもあなたが、相手の真意が明らかになるやただちに準備し、たとえ力が相手に劣ろうとも反撃に出ていたら、敵といえどもあなたに敬意を払わざるをえなくなるのである。そして、他の国々も敬意を払うようになり、結果としてあなたは味方を獲得することになる。~政略論~

『思慮もない譲歩策によって示されたあなたの弱みは、味方になりえた人々をも失望させ、彼らを冷淡にさせてしまうであろう。』
まさに現状の日米関係を暗示しているように思われます。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

February 22, 2007

今日は「竹島の日」です。

222_2

| | Comments (51) | TrackBack (0)

February 20, 2007

麻生太郎語録、いいですね。

時々拝見させていただいている「小市民の一日」さんのBlogにこのたび「麻生太郎語録」がUPされました。
麻生太郎氏といえば「ウルトラマンガタロウ」のフラッシュが話題になるほどネット界では人気のある政治家です。しかも毎週十数冊の漫画雑誌を読破し、日本のオタク文化やJ-POP、ジャパニメーションなどにも造詣が深いことでも知られております。
しかしそのような部分ばかりではなく、保守政治家としてブレの無い主張をされていることがこの語録をみてもよくわかります。
しかも朝日新聞をはじめとする反日マスコミをおちょくり、手玉に取るあたりそんじょそこらのお坊ちゃま政治家とは格が違います。
しかも学習院大学出身で祖父は吉田茂、義父は鈴木善幸、妹は三笠宮妃殿下と名門の血筋。
こんな毛並みのいい方がズバッと物を言う。
実に痛快ですね。

少数派閥の長ということもあり、前回の総裁選では敗れましたが、存在感は十分に示しました。
私の住んでおります東京25区選出のこの方も麻生氏の派閥「大勇会」の一員ですが、麻生氏を支えて頑張っていただきたいものだと思っております。

| | Comments (1065) | TrackBack (0)

前田健太、一軍昇格へ

キタ―――――――(゚∀゚)―――――!!!!!!

ついに来ましたよ。

前田健いざ1軍修業 「モノが違う」と評判(中国新聞)

高卒ルーキー、前田健太の一軍昇格が決まりました。
楽天田中、早稲田斉藤に勝るとも劣らない好素材で、彼をドラフトで一本釣りできたのは本当に僥倖だったと思っていましたが、いよいよ本領発揮ですね。
あまり無理をさせたくないのはやまやまですが、いずれはカープを背負って立つ主戦投手になるであろう器。
今年とは申しません。数年後、先発の柱としてカープ投手陣を引っ張っていく選手となることを期待しております。
今回の昇格は一軍の雰囲気を味わわせるという意味合いが強いとは思いますが、無理せず頑張って欲しいものです。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

February 17, 2007

紅白戦が始まりました

日南キャンプに入り、基礎体力作りからようやく実戦形式になってきました。
一昨日は長谷川、大島、小山田、仁部と中堅、若手が結果を出し、昨日はルーキー3人が初登板。まずまずの結果を残したようです。
確かに打者が仕上がっていない今の時期ではまだ早々に判断はできませんが、全体的に投手陣の底上げができてきているのは確かだと思われます。
この状態で開幕を迎えられればある程度の結果は出せると思います。
ただ、問題は先発の一人として考えていたダグラス投手が開幕に間に合いそうも無いことです。
長谷川、小山田の二人は先発として結果を残したこともあるのでこの二人を先発ローテに入れるということも当然考えられますが、できればある程度計算のできる外国人先発投手をなんとか獲得できないものでしょうか。
斉藤や小島、ルーキーあたりを計算に入れるのはまだちょっと早いかと思いますので。
何とかこれからでもいいので獲得に動いて欲しいものです。

| | Comments (1072) | TrackBack (0)

February 13, 2007

春季キャンプもいよいよ後半戦です

昨日、沖縄でのキャンプが終了しカープは本日、日南へ移動しキャンプの後半戦が始まりました。

主力、日南入り 春季キャンプ(中国新聞)

主力選手に怪我が多発している某チームと異なり、故障者が一人も出ずにキャンプ前半戦を終えることができたのはよいことですね。
そして尾形の一軍昇格も決まりました。あのインボイスドームでの怪我から1年10ヶ月、ようやく一軍へ戻ってきました。あの時とはチーム事情も異なり、ショートには梵がいますので足の状態も含めて外野転向ということになるかと思われます。激戦の外野スタメン争いではありますが、尾形の俊足巧打は非常に魅力的です。無理はして欲しくありませんが早く試合で見たいというもの正直なところです。まあ、それだけチームの層が厚くなったということでしょう。
キャンプ後半戦も怪我無く、頑張って欲しいものです。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

February 09, 2007

反日マスコミにはもはや我慢できません。

北朝鮮との6カ国協議に絡んでまたまた反日マスコミが跳梁跋扈しております。

まずはいつもの朝日新聞。

米朝が先月「覚書」 支援と原子炉停止を同時に開始(朝日新聞)
2007年02月08日03時01分

 6者協議の米朝首席代表のヒル国務次官補と金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官が1月にベルリンで協議した際、朝鮮半島の非核化に向けた初期段階の措置について大枠で合意し、「覚書」に署名していたことがわかった。数週間以内に北朝鮮が寧辺の原子炉の停止などを実行に移す一方、見返りとして北朝鮮へのエネルギー・人道支援が同時に開始されることが盛り込まれているという。8日から北京で再開される6者協議では、この合意をもとに議論が進む可能性が高い。
 複数の米朝関係者が明らかにした。米朝高官が6者協議の枠組みで文書を取り交わすのは今回が初めてとみられる。ベルリン協議の直後、北朝鮮外務省は「(同協議で)一定の合意に達した」と語っていた。
 覚書の中で北朝鮮は寧辺の黒鉛減速炉(5000キロワット)を停止し、02年12月に追放した国際原子力機関(IAEA)査察官の現場復帰に応じ、米国は北朝鮮へのエネルギー・人道支援を支持する立場を表明している。ただ、支援の量や種類などの内容には触れておらず、6者協議で主要議題の一つとなる見通しだ。
 金次官は2月初め、訪朝した元米政府当局者らに対し、軽水炉が完成するまでの補償として年間50万トンを超える重油の供給かそれに相当する電力供給を求めている。
 人道支援については韓国政府が、昨年7月のミサイル発射で中断したコメ・肥料支援の再開を検討しているが、北朝鮮はさらなる支援を求めてくる可能性が高い。
 覚書では原子炉停止と支援開始に同じ期限が設定されているという。ヒル次官補は6日に東京で「ひとけたの週内」に初期段階の措置に向けた行動をとる必要性を強調。中国も「2カ月をめどに共同声明の初期段階の措置を実行に移したい」(当局者)としており、60日前後を想定しているとみられる。
 関係者によると、6者協議の議長を務める中国の武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官はヒル次官補から覚書の写しを受け取り、金次官からも説明を受けているという。
 これまで、北朝鮮が核不拡散条約(NPT)脱退を宣言し、核施設を再稼働させるなどしたことに対し、ブッシュ米政権は「悪行に見返りは与えない」との姿勢だったが、覚書の大枠は、核の放棄と見返りは同時に実施されるべきだと「同時行動原則」を主張してきた北朝鮮に米国が譲った形だ。
 ベルリン協議後、金次官は「(協議内容に)満足している」と語っていた。発言の背景には「米国から譲歩を勝ち取った」(北朝鮮筋)との受け止めがあったとみられる。

とあたかも米国が北朝鮮に対し譲歩したかのような記事を掲載しましたが、その後時事通信で下記のような記事が出ました。

北朝鮮との覚書署名を否定=6カ国協議の米首席代表2月8日12時0分配信 時事通信

 【北京8日時事】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は8日、ベルリンで1月に行われた北朝鮮との協議で朝鮮半島の非核化に向けた初期段階の措置で大筋合意し、覚書に署名したとの報道に関して「何ら署名していない」と述べ、否定した。滞在先の北京のホテルで記者団に語った。

朝日新聞の記事は、日米の外交の足を引っ張るような捏造記事だったことがばれてしまいました。
いつものことですが朝日新聞はいったいどこの国の新聞社なのでしょうか。
巷でささやかれている新華社通信日本支社というのもあながちうそではありますまい。

さらにNHKの解説委員が米国代表のヒル国務次官補に対して、とんでもないインタビューをしていたことが判明しました。
米国の交渉担当者に対して「日本政府に対し拉致問題にこだわらないよう説得すべし」などと日本の公営放送局の解説委員が発言するなど、正気の沙汰ではありません。
この犬HKの解説委員、中国政府の工作員なのでしょうか。日本国民が皆、拉致被害者の一刻も早い生還を待ちわびている中でこのような発言をするとは本当に憤りを感じます。
私、NHKの報道姿勢に疑問を感じ、ここ一年あまり受信料の支払いを保留しておりますが、やはり今のままのNHKでは受信料を支払うわけにはいかないと改めて感じました。
現行のNHKの解体と新たな国営放送局の設立が必要であると思います。

| | Comments (91) | TrackBack (1)

February 08, 2007

他国の侵略から領土を守れ

ついに支那が尖閣諸島占拠の野望を表明しました。

中国の尖閣領有主張に首相、強い不快感 (産経新聞)

日本固有の領土である尖閣諸島に対し、領有権を主張する中国政府の姿勢は断じて認めることはできません。
日本は島国ですので遠く離れた領土についてあまり関心がおきないというのも無理はありませんが、このまま黙っていれば、尖閣諸島は中国に、竹島は韓国に、そして北方領土はロシアのものになってしまうでしょう。
いまこそ、他国の侵略行為に対して断固としてNoと言わなければなりません。

マキアヴェッリ先生もかくのごとくおっしゃっております。

自らの安全を自らの力によって守る意思をもたない場合、いかなる国家といえども、独立と平和を期待することはできない。なぜなら、自らも守るという力量によらずに、運にのみ頼るということになるからである。~君主論~
祖国の存亡がかかっているような場合は、いかなる手段もその目的にとって有効ならば正当化される。この一事は、為政者にかぎらず、国民の一人一人にいたるまで、心しておかねばならないことである。 事が祖国の存亡を賭けている場合、その手段が、正しいとか正しくないとか、寛容であるとか残酷であるとか、賞賛されるものか恥ずべきものかなどについて、いっさい考慮する必要はない。 なににもまして優先されるべき目的は、祖国の安全と自由の維持だからである。~政略論~

さて来る2月22日は「竹島の日」です。ちょくちょく覗かせていただいている「フィオリーナの以心伝心」さんで「竹島プロジェクト2007 みんなで竹島の日を盛り上げよう!」キャンペーンを展開されております。遅ればせながら、また微力ながら私も参加させていただこうと思います。
2月22日までキャンペーンのイラストをトップページに掲示させていただきます。
また少しでも多くの方々に竹島について理解を深めていただきたいと思います。

=参考資料=
竹島問題(田中邦貴様のHP)
竹島は日韓どちらのものか(中公新書)

| | Comments (21) | TrackBack (1)

February 07, 2007

「マキアヴェッリ語録」を読んでみました

久しぶりに本棚から古い文庫本を取り出して読んでみました。
ローマ在住の作家、塩野七生さんの書かれた「マキアヴェッリ語録」です。ちなみに塩野七生さんの著作はほとんど読んでおります。私の大好きな作家です。
今回取り上げた「マキアヴェッリ語録」も新潮文庫から出版されてすぐ購入し何度も読みました。
Photo
塩野さんの代表作に「わが友マキアヴェッリ」という本があります。マキアヴェッリといえば「目的のためには手段を選ばず」という言葉に代表される冷酷な政治思想家という印象が強いのですが、彼女が描いたマキアヴェッリは16世紀のフィレンツェの外交官僚として現実社会と切り結び、果てた悲劇の人というイメージです。
しかしこの「マキアヴェッリ語録」は「君主論」「政略論」をはじめとするマキアヴェッリ自身が書き残した文章のエッセンスを抽出し、マキアヴェッリの思想を現代の日本人にもわかりやすく示した良書だと思います。
今回、数年ぶりに読んでみましたが改めて熟読してみると、現在の日本の政治状況を見据えたような示唆に富んだ文言が数多く含まれていることに改めて気づかされました。
たとえば

謙譲の美徳をもってすれば相手の尊大さに勝てると信ずる者は、誤りを犯すはめにおちいる。~政略論~

特定アジア諸国に対して謙譲の美徳で接した結果がどうなったか。

君主は、自らの権威を傷つけるおそれのある妥協は、絶対にすべきではない。たとえそれを耐えぬく自身があったとしても、この種の妥協は絶対にしてはならない。 なぜならほとんど常に、譲歩に譲歩を重ねるよりも、思いきって立ち向かっていたほうが、たとえ失敗に終ったとしても、はるかによい結果を生むことになるからである。 もしも、正面衝突を回避したい一心で譲歩策をとったとしても、結局は回避などできないものだからだ。 なにしろ、譲歩に譲歩を重ねたところで相手は満足するわけでもなく、それどころか相手の敵意は、あなたへの敬意を失ったことによって、より露骨になり、より多くを奪ってやろうと思うようになるのがオチなのだ。 また、思慮もない譲歩策によって示されたあなたの弱みは、味方になりえた人々をも失望させ、彼らを冷淡にさせてしまうであろう。反対に、もしもあなたが、相手の真意が明らかになるやただちに準備し、たとえ力が相手に劣ろうとも反撃に出ていたら、敵といえどもあなたに敬意を払わざるをえなくなるのである。 そして、他の国々も敬意を払うようになり、結果としてあなたは味方を獲得することになる。~政略論~

従軍慰安婦問題で特定アジア諸国との衝突を回避せんがために出した河野談話(まさに思慮もない譲歩策)が現在どのような不利益な結果を日本にもたらしていることか。中朝韓に譲歩しても、それが当然のように振る舞い、さらに日本に対し理不尽な要求を続ける特定アジア諸国。

一国の国力を測る方法の一つは、その国と近隣諸国との間に、どのような関係が成り立っているかを見ることである。 もしも近隣の諸国が、友好関係を保ちたいがために貢納してくるようならば、その国は強国といえよう。 反対に、弱体なはずの近隣諸国であるのに、それらの国々に対し金銭を持って援助する関係である場合、その国家の国力は弱いと思うしかない。~政略論~

いつまで中国に対してODAを出し続けなくてはならないのか。
「本当にもういい加減にしてくれ。」といいたいですね。
ああマキアヴェッリ先生、まさに現代日本の政治状況をお見通しです。
というか、このような良書を日本の政治家に読ませて考えてほしいものです。

| | Comments (169) | TrackBack (0)

February 04, 2007

新人、がんばってますね。

キャンプが始まりましたね。
今年は昨年と違い、最初のクールは長いシーズンを故障なく戦える体つくりのための基礎練習が中心となっているようです。
最初は3.2Kmの持久走から始まりましたが、一着はルーキーの中東。これまでは河内が王者だったのですがそれを抑えての圧勝。
一方、日南キャンプの方でもルーキーの前田健太が二着。もともと持久走には強かったようですが、こちらも立派です。

投手陣の方ではナックルボーラーのフェルナンデス投手が話題です。

俺がナックル男!フェルナンデス入団発表(日刊スポーツ)

伝説のナックルボーラー、フィル・ニークロ直伝のナックルをキャンプ開始早々、披露したようですが期待と同時にドラゴンズやタイガースのような機動力を駆使してくるチームに対してどの程度通用するものなのか、少々不安もあります。日本にはナックルボーラーはいませんのでかなりの話題となると思います。がんばってほしいものです。
今期は恒例のネット中継がないのが残念ですが、選手の皆様には怪我の無いよう頑張ってください。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

February 01, 2007

いよいよキャンプインです

すっかりご無沙汰しておりました。
自宅のパソコンが不調となり、先日ようやく新しいパソコンに買い換えました。今まではWindows98SEだったのですが新しいパソコンはWindowsXP。
いやあ、新しいOSっていうのは実際に使ってみないとわからないものですね。
パソコンの性能がUPしたこともあるとは思いますが、実に快適です。
でも新しいOS(Windows Vista)が出たばっかりですね。様子を見ながらアップグレードしたいと思います。
ついでにADSLから光ファイバーに変えましたのでネットの接続環境も一挙によくなりました。

で、今日は2月1日、ついにキャンプインです。
プロ野球ファンにとっては正月みたいなもんですね。
われらが広島カープも今年は勝負の年。
クライマックスシリーズ進出に向けて頑張って欲しいものです。
そうそう、新設された「カープファン倶楽部」、早速入会いたしました。
カープファン倶楽部、早くも入会者が1万人を突破したとのことですが、一人¥3,500 X 10,000名で3,500万円。ノベルティ等の会員への還元分を差し引いても、球団にとってはかなりの臨時収入になったのでは、と思います。
こんなことならもっと早くファン倶楽部を創設していれば、とオーナーも考えているのではないでしょうか。
というわけで、我々ファンもよりいっそう熱い応援で選手たちに応えたいものです。
このBlogも開幕にむけて更新頻度を少しずつ上げていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »