« February 2007 | Main | April 2007 »

March 31, 2007

開幕戦、勝利!

昨日の対阪神1回戦は4-1でカープの勝ち。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島 0 0 1 0 0 1 0 2 0 4 13 1
阪神 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1  4 0

勝利投手 [ 広島 ] 黒田(1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 下柳(0勝1敗0S)
セーブ [ 広島 ] 永川(0勝0敗1S)
バッテリー [ 広島 ] 黒田、河内、上野、永川 - 倉
[ 阪神 ] 下柳、橋本健、吉野、桟原、相木 - 矢野

開幕戦、エース黒田の快投でタイガースに勝利です。
オープン戦、決して調子がいいとは思えなかった黒田でしたがきっちり開幕にあわせてきました。
7回4安打1失点とタイガース打線を抑え込みました。
一方、攻撃陣は序盤タイガース先発下柳に翻弄されていましたが、3回に廣瀬がツーベースヒットで出塁、続く倉もヒット、黒田が送り1死2、3塁で梵がセンターへ犠牲フライを打ち、まず1点。この場面で犠牲フライが打てるようになったことこそブラウン監督の言う「ケースバッティング」がチームに浸透してきた象徴だと思います。
しかしこの際に廣瀬が足を痛めて尾形と交代しました。開幕スタメンを掴み取った廣瀬にとっては不運でしたが今日の内容を見ればやはりカープにとってなくてはならない戦力です。怪我を早く治して戦列復帰してくれることを祈りたいと思います。
6回には新井のツーベースヒット、嶋の四球、尾形のヒットなどで2死満塁とし、倉のサードへのタイムリー内野安打で1点追加。さらに黒田が1点を失い、2-1と追い上げられた8回には1死2塁から尾形がタイムリーツーベース、倉のヒットで1死1、3塁とし代打森笠もタイムリーヒットと4-1とタイガースを突き放します。今日の尾形、3打数2安打と大活躍です。一昨年の故障離脱から1年9ヶ月、回ってきたチャンスに早速結果を出す尾形、頼もしい男が帰ってきました。
さらに倉、今日は4打数3安打と猛打賞。正捕手争いにしっかりアピールしました。

8回からは黒田に替わって河内が登板するも2四球を出し、さらに替わった上野も四球と1死満塁、しかもバッターは金本と最大のピンチを作ってしまいました。しかし、ここで登板した守護神永川、金本をレフトフライ、今岡を三振と討ち取り、ピンチを脱出しました。
今年も頼れる守護神が健在なのはいいのですが、1死1、2塁のピンチでプロ初登板となった上野はまだしも、オープン戦であれだけ安定感のあった河内がこれでは困ります。貴重な中継ぎ左腕ですので今後の発奮に期待したいと思います。
先発野手全員安打でタイガースを粉砕したカープ、何よりも皆がきちんと仕事をしていることが評価できます。(河内を除く)
まだ1試合ではわかりませんが、この戦いぶりならAクラスは十分狙えるでしょう。今季に手ごたえを感じた一戦でした。

| | Comments (5298) | TrackBack (0)

March 30, 2007

いよいよ今日から開幕です

待ちにまったセリーグ開幕の日がやってきました。
われらがカープ、今年はどこまでやってくれるでしょうか。

宮崎、上野、青木高の新入団投手3人が開幕一軍を勝ち取り、広池、小山田などの実績ある選手が二軍スタートを迎えたように、投手陣の層は確かに厚くなったと思います。
ただ、新人にはどうしても経験の少なさがあります。シーズン中通して彼らが活躍できるかどうかは不透明です。
広池、小山田らの力が必要になる機会は必ずあると思います。

野手陣は前田が開幕一軍登録を外れたものの、その他のメンバーについてはほぼ予測どおりといえましょう。
梵、東出の二遊間、新井、栗原の一三塁は確定でしょうが、外野は多士済々、嶋や緒方も安閑とはしていられないでしょう。開幕一軍に登録された尾形、森笠、廣瀬あたりも調子によってはスタメン起用ということもあるでしょう。

期待と不安が交錯する開幕の日ではありますが、今季のカープの飛躍を祈って長丁場を応援していきたいと思います。
目指せ、プレーオフ進出!!

| | Comments (1983) | TrackBack (0)

March 27, 2007

開幕前に大暴走

オープン戦も無事終了し、開幕まで秒読み段階となりましたが、地元開幕戦にあわせてサンフレッチェとのコラボ企画です。

0326_top_1

いやあ最近のカープ球団、飛ばしまくっています。
飛ばしまくりといえばやはりこれでしょう。

Akafun

カープ赤ふん第一弾企画が完売したというのもすごいですが、第二弾企画もなかなかエグいですね。
「フルエル球ナンデス」の件は以前話題になっていましたが、他のも「クサい球には手を出すな」「最終兵器」「主砲」「クソボール」といやはや下ネタですか。
それにしてもマエコレTシャツといい、ここにきて商品販売部、頑張ってますね。
昨年の黒字決算にもグッズ販売利益が大きく貢献したようですし、この調子でどんどんはじけて欲しいものです。

| | Comments (10922) | TrackBack (0)

March 26, 2007

打線低調 ジャイアンツに完封負け

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 0 1 0 0 1 0 0 X 2

勝利投手[ 巨人 ]高橋尚
セーブ  [ 巨人 ]林
敗戦投手[ 広島 ]大竹
バッテリー[ 広島 ] 大竹,フェルナンデス,宮崎,河内,林,永川 - 倉,白浜
[ 巨人 ] 高橋尚,会田,真田,福田,林 - 阿部

東京ドームに行ってきました。
着いたときにはカープのバッティング練習中。打球が次々とレフトスタンドへ。ついにはお客さんに直撃し、当たったお客さんは係員に連れられて退場。運が悪いというか、これだけサク越えが出るようなら、今日は打線爆発かもと期待が高まります。
Giants_stating
さてスタメン発表。ご覧のとおりジャイアンツのスタメンを見ると生え抜きは高橋由、阿部、鈴木尚の3人のみ。外人はさておき、残りの選手はパリーグの主力選手ばかり。わかってはいましたがスタメン見て改めて脱力。
ライトスタンドにいるオレンジの集団はこんなメンバーで勝ってうれしいんでしょうかねぇ。
一方、カープは嶋がスタメンからはずれ、森笠、廣瀬がスタメンです。いいとこ見せて欲しかったのですが。

ゲームは投手戦となりました。カープ先発大竹は5回を投げて被安打2。この内容なら先発ローテ入りに何も問題はないでしょう。3回の失点はエラー絡みということもあり不運でした。
6回には噂のナックルボーラー、フェルナンデスが登板。実際の投球を初めて見ましたが、遅球をジャイアンツのバッターが次々と空振りするのは見ていて痛快でした。しかし、ナックルボーラーの両刃の剣でもあるキャッチャーの後逸でランナーを進められ、阿部にタイムリーを浴びて1失点。この辺は致し方ないのかも知れませんが、1点差試合などでは怖くて使えませんね。まして先発では論外だと思いました。
7回には宮崎が登板しましたが、死球と四球、さらに送りバントで1死2、3塁のピンチを迎え、バッター小笠原を敬遠し1死満塁で左の李に河内登場。李を三振に切って取ると右のゴンザレスには林を投入。ゴンザレスをセカンドゴロに打ち取りピンチを脱出しました。ペナントレースでもこのような場面が出てくるでしょうし、河内の存在は大きいですね。
Kanpumake
結局ジャイアンツ打線を4安打に抑え込んだ投手陣でしたが、今日は打撃陣がさっぱりでした。
ヒットは東出2本、梵1本、新井1本の4安打。初回、東出がセンター前ヒットで出塁するも緒方がゲッツーに倒れ、2回も先頭の新井がツーベースヒットで無死2塁のチャンスも後続が凡退し無得点。
今日は3番緒方がゲッツー2つ、栗原ノーヒット、期待の廣瀬、森笠もノーヒット。これでは点も入りません。
今日の一番の見せ場が打撃練習だったというのでは洒落になりません。
実際ジャイアンツにも4本しかヒットを打たれていませんし、なんだか消化不良で釈然としないゲームでした。

さて、これでオープン戦も終了しました。
とりあえず黒田、長谷川、大竹、佐々岡、青木高の5人は先発確定でしょうが後一人どうしましょうか。フェルナンデスは先発では少々不安なんですがね。
あと打撃陣の調子がいまひとつ下降気味なのが気になります。
あと1週間、広島に帰ってじっくり調整をお願いします。

| | Comments (1656) | TrackBack (0)

March 25, 2007

大丈夫か、黒田

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 1 0 0 0 0 2 1 0 0 4
巨人 0 4 2 0 0 0 0 0 X 6

勝利投手[ 巨人 ]内海
セーブ  [ 巨人 ]豊田
敗戦投手[ 広島 ]黒田
本塁打 阿部(3回=2号2ラン)栗原(6回=3号2ラン)森笠(7回=1号1ラン)
バッテリー[ 広島 ] 黒田,河内,上野,広池 - 倉
[ 巨人 ]内海,姜建銘,吉武,前田,豊田 - 阿部,加藤

黒田、ピリッとしませんね。今日も5回を10安打6失点。まあ、公式戦になってから打たれるくらいなら、今のうちに打たれていたほうがいいんですが。開幕までにはきちんと仕上げてくると思いますので心配はしていませんがね。

いよいよオープン戦も1試合を残すのみ。今日の先発は大竹でしょう。前回のリベンジを果たしてくれることを期待して東京ドームに応援に行く予定です。大竹、頼む頑張ってくれ!!

| | Comments (11468) | TrackBack (2)

March 23, 2007

長谷川、先発ローテに目処

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 3 0 0 0 0 0 1 0 4
中日 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2

勝利投手[ 広島 ]長谷川
セーブ  [ 広島 ]永川
敗戦投手[ 中日 ]小笠原
本塁打 新井(8回=2号1ラン)
バッテリー[ 広島 ]広島 長谷川,上野,梅津,宮崎,永川 - 倉
[ 中日 ] 小笠原,長峰 - 清水将,小田

荒木こそいないものの、井端、福留を擁し、ほぼ開幕スタメンのドラゴンズを相手に快勝です。
先発の長谷川、今季は期するものがあるようです。ここまでオープン戦では無四死球。これまでの長谷川らしからぬ丁寧なピッチングを続けているようです。これで先発ローテ入りをほぼ確定したようです。何しろ13勝したこともあるピッチャーです。本来のピッチングが出来れば2ケタ勝利も可能でしょう。何度も期待を裏切られているだけに一抹の不安はありますが期待したいと思います。
出遅れていたルーキー上野が登板しました。福留にヒットは打たれたものの、1回無失点。セットアッパーとして横山とともに期待しているピッチャーだけに開幕一軍目指して頑張って欲しいものです。
打撃陣では廣瀬の活躍が目立ちました。オープン戦ではなかなかスタメンの機会がなく、アピールする機会が少なく本人も悔しがっていましたが、今日はタイムリーを含めて3打数2安打と活躍しました。それにしても廣瀬選手、死球が多いですね。今日も一個もらっていましたが、怪我の無いよう気をつけて欲しいものです。

一昨年、ナゴヤドームで一勝しか出来なかったほどのドラゴンズアレルギーは、昨年の互角の戦いぶりで払拭されたようです。もはやドラゴンズに苦手意識はないでしょう。これでタイガースアレルギーさえ何とかなれば結構やれると思うのですがねぇ。開幕戦で一泡吹かせて欲しいものです。

| | Comments (3126) | TrackBack (0)

March 22, 2007

4失策でタイガースに連敗

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
阪神 0 0 0 5 0 0 3 0 0 8
広島 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3

勝利投手[ 阪神 ]ボーグルソン
敗戦投手[ 広島 ]青木高

本塁打 栗原(4回=2号2ラン)
バッテリー[ 阪神 ] ボーグルソン,ウィリアムス,藤川,久保田 - 矢野,清水
[ 広島 ]青木高,横山,河内,宮崎,永川 - 中東,倉

この時期に守備がこれほどボロボロでは困ります。うーん、どうしてタイガースを相手にするとこんな情けないゲームが多いのでしょうか。まさに蛇に睨まれた蛙のような心境なのでしょうか。
この苦手意識、何とかしてもらわなくては困ります。
開幕戦では汚名挽回をお願いします。

| | Comments (5148) | TrackBack (0)

March 21, 2007

タイガースに惜敗

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 2 0 0 1 0 0 0 1 4
阪神 0 0 1 0 0 0 4 0 X 5

勝利投手[ 阪神 ]桟原
セーブ  [ 阪神 ]久保田
敗戦投手[ 広島 ]小山田
本塁打 栗原(2回=1号2ラン)鳥谷(7回=2号3ラン)

バッテリー[ 広島 ] 佐々岡,フェルナンデス,小山田,林 - 中東,倉
[ 阪神 ] 江草,橋本健,桟原,相木,久保田 - 矢野,清水

昨日の苦手タイガースとの今季初戦、栗原のツーランなどでリードし、佐々岡、フェルナンデスと何とかタイガース打線を1失点に抑えていましたが、小山田が7回に捕まり鳥谷のスリーランで逆転負けです。
佐々岡は4回1失点。ベテランらしい老獪なピッチングでタイガース打線を抑え込みました。
フェルナンデス、5回には2死満塁のピンチを招きながらも何とか2回を無失点に切り抜けました。
ナックルボーラーですからこんなピンチを招きながらも切り抜けるというピッチングになるのでしょうか。心臓には悪そうですね。
小山田は不調でしたがこちらもベテラン、開幕までには調子を上げていってくれるでしょう。
まあ負けてとはいえ、これならまだ希望が持てます。
ルーキー中東も頑張ってますし、栗原も調子が上がって来ました。前田の離脱は痛いですが若手にはチャンスでもあります。開幕が楽しみです。

| | Comments (5466) | TrackBack (0)

March 19, 2007

寺原を攻略できず、大竹自滅

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
横浜 0 0 0 1 4 2 1 0 X 8

勝利投手[ 横浜 ]寺原
敗戦投手[ 広島 ]大竹

バッテリー[ 広島 ] 大竹,佐竹,広池,永川,梅津 - 中東
[ 横浜 ] 寺原,木塚,吉原 - 鶴岡

ベイスターズに厄介な敵が現れました。ホークスから移籍してきた寺原。これほどの投手とは思っていませんでした。もともとドラフト1位でホークスに入団してきた素材抜群の選手だったわけですが、投手王国のホークスでは出番がなく、多村とトレードでベイスターズに入団したわけですがこれほどの投手をトレードで出せるホークスもとんでもないチームですね。
カープの先発は大竹。序盤は両先発投手の投げあいで緊迫した投手戦となりそうでしたが、5回に大竹が崩れ4失点。5回裏、無死2塁で送りバントをなぜか3塁に送球した大竹。野選となり傷口を広げ大量失点。動揺していたのだと思いますがここは踏ん張って欲しかった。
カープは6回に反撃。新井のタイムリーツーベースや相手のミス、栗原の犠牲フライなどで3点を返します。
しかしこの攻撃の際、前田が故障しベンチに下がりました。どうやら右太ももを痛めたとのことで、即日広島へ戻ることになってしまいました。前日、粘りのバッティングで頑張っていた井生も左足ふくらはぎを故障したとのことで広島に戻ったとのことで、この時期に故障者が出てきたのは心配です。前田、井生共々たいしたことがないことを
祈りたいです。
今日は大竹の後に登板した広池が2失点。永川が1失点と中継ぎもいま一つの出来でした。最後に投げた梅津が持ち味を生かした投球で3者凡退に押さえたのが救いでした。
まあ今日は寺原の出来をほめるしかありませんね。
それにしても本当に厄介な敵が現れました。ベイスターズとは相性が悪いだけに嫌ですね。はぁ。

| | Comments (1220) | TrackBack (2)

March 18, 2007

残念!ライオンズと引き分ける

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 5 0 1 0 0 0 0 6
西武 3 0 0 1 0 0 0 1 1 6

勝利投手
敗戦投手
本塁打 カブレラ(8回=1号1ラン)
バッテリー[ 広島 ] 黒田,長谷川,宮崎 - 倉,白浜
[ 西武 ] 西口,三井,岩崎,長田,山崎 - 野田,細川

今季初の関東でのゲームということでグッドウイルドームへ観戦に行きました。
暖冬とはいえ、かなりの冷え込みで野球観戦にはビールと決めている私もさすがにビールには手が出ず、焼酎のお湯割を飲みながらの観戦となりました。
17marstamen
カープの先発は黒田、初回いきなり連打を浴びて3失点。こんなに連打を浴びる黒田を見るのは昨年のジャイアンツ戦以来の気がします。まあ、これが本番じゃなくてオープン戦なのが救いですが。
一方、ライオンズのエース西口の前に1、2回と3者凡退だったカープですが3回に逆襲に転じました。緒方がサードゴロエラーで出塁し、尾形がヒットで続き無死1、2塁。尾形は一昨年の故障以来のグッドウイルドーム(その当時はインボイスドームでしたが)でのスタメン出場の初打席で見事ヒットを打ちました。あの時のことを思えば本当に感無量です。
続く倉の送りバントはうまいこと3塁線に転がり、ファウルになるのを見越して見送ったサード石井義をあざ笑うかのように内野安打となり無死満塁。ここで梵のショートゴロの間にまず1点。1死1、3塁となりますが東出が倒れ2死1、3塁。次の前田が歩いて2死満塁。ここで新井がタイムリーヒットを放ち3-3の同点。さらに2死1、2塁で打席には嶋。西口相手にファウルで粘りに粘り、ついに逆転のタイムリーツーベース。5-3と逆転に成功しました。
しかし、今日の黒田はピリッとしません。4回には2本の長打で1点取られ5-4。
そして5回。1死後、東出がヒットで出塁。前田がまたも四球を選び出塁。3番前田というのは相手にとってはかなり嫌なのでしょうね。逆に言えばカープにとってはチャンスメイクできるいい打順ということになりますね。
ここで前田に代走森笠が送られ1死1、2塁からなんとダブルスチールを敢行。これが見事に決まり1死2、3塁。
そして新井の浅いレフトフライに東出が敢然とタッチアップ。タイミングはきわどかったのですがタッチをかいくぐりホームイン。6-4と再び2点差に突き放します。この日は緒方、天谷の盗塁もありなんと計5盗塁。足を使った攻めで西口を揺さぶりました。まあ5回の得点はサードランナーが東出だったからこその得点かもしれませんが見事な攻撃でした。
6回も黒田続投となりましたが相手のライナーを足に受け、途中降板。たいしたことがなかったのは救いでしたが計10安打4失点。まあ本番までにはきちんと調整してくれることでしょう。
黒田のあとは長谷川に継投。快速球でなかなか小気味良いピッチングを披露しましたが、8回にカブレラに一発を喰らい6-5。ただ、それ以外は特に不安な点もありませんでしたので先発ローテ入りに一歩前進といえると思います。
8回も2死1、2塁とチャンスを作り、途中出場の井生がファウルで粘りました。結果はセンターフライに終わりましたが、あれだけ粘られたら相手投手も嫌でしょう。以前から2番打者向きと考えていた井生ですが今日の打席を見てそれを改めて感じました。
9回、締めに登板してきたのはルーキー宮崎。しかし、ライオンズ打線に連打を浴び1死1、3塁でライオンズ福地のセンターライナーでサードランナーのホームインを許し6-6。結局、試合は引き分けに終わりました。
宮崎、現状ではなかなか厳しいかもしれません。ブラウン監督の言うように縦の変化球がないだけに今日のような大雑把なピッチングでは中継ぎを任せるのもちょっと不安ですね。
9連勝中のライオンズに勝てるようなら本物と思っていましたが、まだまだですね。ただ、昨年来課題となっているケースバッティングに各バッターが対応していることは明らかな進歩だと思います。

さて、今日は今季関東初ゲームということで、試合前に今季の応援に関するレクチャーが応援団よりありました。
選手応援歌では松本高明選手が新しく加わり、緒方選手の応援歌が歌詞から「オイ!」の連呼に変わったあたりはまだついていけそうでしたが、今季からチャンステーマが大きく変わり、とんねるずの「ガラガラ蛇がやってきた!」をもじったチャンテ1、そしてまったくオリジナルのチャンテ2は慣れないとついていくのがなかなか大変そうです。特にチャンテ1。相手投手が投球するまでバッターの名前をコールするのはいいのですがチャンテがかかるのは相手のピンチ時。ピッチャーが間合いを計ってなかなか投球しないと、その間コールだけで喉がおかしくなりそうで正直つらいです。まあ応援団の方も言っていましたが試行錯誤の段階かと思いますので、とりあえず新しい曲を早く覚えないと、と思います。

P.S.こちらの画像は試合開始前、ストレッチをやっている前田の後姿です。頑張って下さい!!
Maeda


| | Comments (2734) | TrackBack (0)

March 16, 2007

飛車角抜きドラゴンズに快勝

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 4 2 1 2 1 0 0 0 10
中日 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3

勝利投手[ 広島 ]青木高
敗戦投手[ 中日 ]平井 

本塁打緒方(2回=1号2ラン)中東(2回=1号1ラン)嶋(5回=1号1ラン)
バッテリー[ 広島 ] 青木高,宮崎,河内,永川,横山 - 中東,倉
[ 中日 ] 平井,中田,小林 - 谷繁,田中

ベストメンバーのスタメンを組んできたカープに対して、荒木、井端、福留抜きのスタメンを組んできたドラゴンズ。さすがにこのメンバー相手に負けるわけにはいきません。それにしてもこの時期になってもこんなスタメンを組んでくる落合監督は何を考えているのでしょうか。
先発のルーキー青木高は4回1/3を投げて3失点。4回まではなかなかいいピッチングをしていたのですが5回にバテてドラゴンズ打線につかまりました。飛車角抜きのドラゴンズ打線相手とはいえ好投したと言えるのではないでしょうか。貴重な左腕だけに頑張って欲しいものです。
一方、打線ではこちらも捕手として先発したルーキー中東が3打数3安打1本塁打と大活躍。正捕手争いに名乗りを上げました。プロの捕手として開幕スタメンとはなかなかいかないでしょうが、カープにとって待望の「打てる捕手」になりそうな予感のする選手、こちらも楽しみです。
さて今週末は関東でのオープン戦2連戦となります。
私も西武戦を観戦予定です。関東での今季初試合、楽しみです。

| | Comments (5021) | TrackBack (0)

March 12, 2007

先発候補総崩れ

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ソフトバンク 0 2 0 0 0 3 0 1 2 8
広   島  0 3 0 0 0 0 0 0 0 3

勝利投手[ ソフトバンク ] 和田
敗戦投手[ 広島 ]高橋

本塁打 城所(9回=1号2ラン)
バッテリー[ ソフトバンク ] 和田,馬原,甲藤,ニコースキー,山村 - 的場,高谷
[ 広島 ] 黒田,高橋,大竹 - 倉,白浜

先発候補の黒田、高橋、大竹が登板したこのゲーム、黒田が2失点、高橋が3失点、大竹が3失点と散々な出来でした。
黒田の失点にはエラーも絡み少々不運な部分もありましたが、高橋は四球がらみで失点、大竹も連打を食らって失点とピリッとしませんでした。
オープン戦ですから勝敗はあまり関係ありませんが連勝も4でストップです。
投手陣以上に心配なのは相変わらず調子の上がってこない打撃陣です。特に嶋は4打数ノーヒット2三振と相も変わらず調子が上がってきません。心配ですね。

| | Comments (7553) | TrackBack (0)

March 11, 2007

1安打でホークスに勝利

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広  島   0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
ソフトバンク 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝利投手[ 広島 ]長谷川
セーブ  [ 広島 ]梅津
敗戦投手[ ソフトバンク ]竹岡
本塁打松中(5回=2号1ラン)
バッテリー[ 広島 ]長谷川,林,広池,梅津 - 倉,中東
[ ソフトバンク ]斉藤和,竹岡,三瀬,藤岡,森福,柳瀬 - 山崎,的場

昨日は終日出かけておりましたので、ゲームの詳細は追いかけておりません。
敵地ヤフードームでのソフトバンクとのオープン戦はホークス斉藤和巳、カープ長谷川の投げあいで始まりました。
斉藤が5回無安打8奪三振でカープ打線を抑えれば、長谷川も5回2安打、松中のソロによる1失点だけと好投しました。一昨年の交流戦の際にもヤフードームで好投した長谷川ですが広いヤフードームがよほどあっているのでしょう。
それにしてもここまで踏ん張れれば先発ローテ入りもほぼ確実でしょう。
一方、打線は6回に倉、梵の連続四球に東出の内野安打で無死満塁とし、前田のファーストゴロで同点、新井の犠牲フライであっさり逆転し、林、広池、梅津とつなぎホークス打線に5本の安打を打たれながらも無得点で逃げ切りました。投手陣は相変わらず好調ですね。
それに引き換え、打線はいっこうに調子が上がってきません。特に嶋が3打数ノーヒット2三振、栗原が4打数ノーヒット3三振と絶不調です。開幕まで3週間ありますので、何とか調整していって欲しいものです。

| | Comments (295) | TrackBack (2)

March 08, 2007

都知事選、浅野氏にも法則発動でしょうか?

東京都知事選に前宮城県知事の浅野史郎氏が出馬を表明しました。

2007年3月6日 出馬表明をいたしました

東京都民の一人として今回の都知事選にはそれなりに興味を持っておりますがこの浅野氏、今週の月曜日におかしなことを発言しております。
最初に報道された記事はどういうわけか既に削除されていますが、ググって調べてみますとここここにソースがありました。
「隣国の悪口を言うのはよくない」と発言したようですが、なぜ隣国の悪口が出るのか、その理由もろくに考えもせずにこのようなことを言うのは思慮に欠けているように思われます。隣国の悪口を言っているのは本当は隣の国なんですがねぇ。
おまけにこの発言をしたのが、、「韓国観光公社」の観光名誉広報大使に任命された席だったというのもなんだかなぁと思わせます。
まあ、名誉職とはいえこんな肩書きがついてしまっては浅野氏にも例の法則が発動することは間違いないでしょう。おまけにこんな人たちまで支援に回るようでは選挙戦も苦戦は必至でしょうね。ご愁傷様です。

| | Comments (9100) | TrackBack (0)

March 07, 2007

またも完封リレー

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
広島 1 0 0 0 0 0 0 0 X 1

勝利投手[ 広島 ]高橋
セーブ  [ 広島 ]梅津
敗戦投手[ 巨人 ]会田
バッテリー[ 巨人 ] 会田,高橋尚,真田 - 星,小田嶋
[ 広島 ] 高橋,長谷川,佐竹,林,広池,梅津 - 倉,中東

セリーグチームとの今季初対戦、ジャイアンツのオープン戦が行われました。
初回に新井のタイムリーであげた1点を投手陣が守りきり、1-0で勝利です。これでオープン戦とはいえ20イニング連続無失点とのことで投手陣の好調さが窺えます。ここまで投手陣の調子がいいのもここ数年無かったことではないでしょうか。

この試合、先発高橋は2回を1安打無失点、2番手の長谷川も3回を2安打無失点と好投しました。
黒田、大竹、佐々岡の3人は先発ローテ確定として残りの3枠をめぐる競争も熾烈になってきました。
今季は宮崎、青木高の両ルーキーの加入、斉藤、大島らの若手の成長と目に見えて層が厚くなってきています。
過去に先発として実績を残している高橋と長谷川が先発ローテ入りして結果を残せるようであればカープのプレーオフ進出にも期待が出来るでしょう。
まあまだどの投手も1試合2~3回程度しか投げていませんから、もう少し長い回を投げてみてから結論を出すことになるでしょうね。

| | Comments (1569) | TrackBack (0)

March 05, 2007

完封リレーでイーグルスに快勝

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
楽天 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
広島 3 1 0 1 0 1 0 0 X 6

勝利投手[ 広島 ]黒田
敗戦投手[ 楽天 ]永井

本塁打 梵(1回=1号1ラン)梵(2回=2号1ラン)
バッテリー[ 楽天 ] 永井,林恩宇,田中,松本 - 嶋,中谷,河田
[ 広島 ]黒田,斉藤,前田健,佐竹,小山田,広池,横山,林 - 倉,白浜,木村

昨日はネット中継がありましたので、パソコンの前で観戦させていただきました。
いろいろ思ったことを徒然に書かせていただきます。

投手陣、厳しい競争の中、皆頑張ってますね。
先発の黒田、立ち上がり連続安打を浴びてどうなるかと思いましたが、ダブルプレーで息を吹き返しました。
2回はウイットのバットをへし折るなど、上々の仕上がりのようです。
2番手の斉藤、実際に投げているところをはじめてみましたが、球速はそれほど無くとも抜群のコントロールと球の切れで勝負するタイプのようですね。カープではコントロールで勝負するタイプのピッチャーがあまりいませんので、なかなか楽しみな存在です。
3番手の前田健太、プロ初デビューのマウンドとなりました。ちょっと力んでいたせいか自慢のカーブでストライクがなかなか取れなかったのが残念でした。それでもイーグルスのクリーンナップ相手に堂々としたピッチングを披露しました。特にフェルナンデスには結果的には四球となりましたが、インコースにストレートを臆せず投げ込むなどなかなか度胸のあるピッチングでした。ただ、ストレートとカーブだけではプロ相手ではなかなか厳しいかも知れませんね。
4番手以降は中継ぎを争う5人の投手が1回ずつ投げました。どの投手も危なげない仕上がりでしたが、特に横山の投球には鬼気迫るものを感じました。いい時の横山はやはりなかなか打てるものではないな、と感じました。

一方、打撃陣では梵が3打数3安打2本塁打1二塁打3打点と大爆発。昨年に比べてさらにパワーアップしているところを感じました。
一方、他のバッターは序盤こそイーグルス先発の永井を攻略しましたが、回が進み永井のカーブが決まりだすと三振が多くなりました。明らかに外角に外れるボール球を空振り三振というシーンが目立ちました。まあ、まだこの時期ですから打者は仕上がりまでもう一息ということでしょう。
昨日のゲーム、実に見どころの多いゲームでした。

| | Comments (577) | TrackBack (0)

March 04, 2007

ヨシノリが帰ってきました!

昨日のイーグルスとのオープン戦は劇的幕切れとなりました。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
楽天 0 0 3 0 0 0 1 0 0 4
広島 3 0 0 0 0 0 1 0 1X 5

勝利投手[ 広島 ]梅津
敗戦投手[ 楽天 ]川岸

本塁打 新井(1回=1号3ラン)尾形(9回=1号1ラン)
バッテリー[ 楽天 ] インチェ,有銘,渡辺恒,佐藤,川岸 - 嶋,藤井
[ 広島 ] 佐々岡,フェルナンデス,長谷川,仁部,横山,梅津 - 木村,上村,中東

4-4の同点で迎えた9回裏二死ランナーなしから尾形が劇的なサヨナラホームランを放ちました。
あのヨシノリが帰ってきました!!
一昨年の交流戦、インボイスドームでの対ライオンズ戦で古傷の右ひざ前十字靱帯を断裂し、二年近いリハビリを続け、春季キャンプから一軍に復帰した尾形が早速やってくれました。
2年前、開幕から1番ショートで活躍し、チームを引っ張っていたリードオフマンの離脱後チームが坂を転げるように転落していったことはまだ記憶に新しいところです。
昨年より定位置ショートには梵が定着し、尾形は外野手登録と変わりましたがそのシュアなバッティングは健在です。外野のレギュラー争いは緒方、前田の両ベテランをはじめライバル目白押しでなかなか厳しいところですが尾形の復帰はチームにとって大きな戦力アップだと思います。
怪我だけには気をつけて頑張って欲しいものです。

一方、投手陣ではフェルナンデスが大変です。クイックモーションがうまく出来ず、楽天に走られ放題で3失点。
これは大きな問題でしょう。開幕までにうまく修正できればいいのですが、またまた不安が増幅してしまいました。
さて、今日のゲームはネット中継が行われるとのことです。今季初観戦となります。楽しみですね。

| | Comments (6174) | TrackBack (0)

March 01, 2007

春季キャンプ、終了しました。

日南での春季キャンプが終了しました。
今期は大きな怪我で離脱する選手も無く、充実したキャンプだったように思われます。

今回は新入団選手に注目が集まりましたが、中でもうれしい誤算は彼でしょう。

広島外野手「中東」開幕マスクある!?(日刊スポーツ)

おなじみ嘘つき新聞の日刊スポーツの書くことですから話半分かもしれませんが、ピッチャー以外はどこでもできるよう準備しておくように言われていたようです。
カープの場合、特に「打てる捕手」がいないのが悩みの種だったのですがとんだ掘り出し物だったようですね。
ただ倉や石原にしても、みすみすルーキーに正捕手の座を明けわたす気はないと思います。
切磋琢磨していただいて競争して欲しいものです。

| | Comments (4425) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »