« October 2007 | Main | December 2007 »

November 30, 2007

小山田、ベイスターズへトレード

小山田保裕投手のベイスターズへのトレードが発表されました。

広島の小山田と横浜の岸本、木村トレード成立 (毎日新聞)

小山田といえば最も印象に残っているのは一昨年のこのゲームですね。私のグッドウイルドームでの観戦成績は1勝4敗1分。鬼門とも言える所沢での唯一の勝ち試合がこのゲームでした。
あの時の小山田のガッツあふれる投球を今でも忘れることは出来ません。しかしながらこの年の後半に右肩痛で戦列を離れ、昨年、今年はブラウン監督の構想をはずれ登板数も極端に少なくなっておりました。
あの雄姿を生で見た者としては復活を信じていましたが、それもかなわないこととなってしまいました。

正直、さびしいですね。しかも小山田の替わりに入団する、岸本投手、木村内野手って誰?って正直思います。
干されていたとはいえ貴重な即戦力である小山田を放出してまで取る価値のある選手なのかどうなのか、全くわかりませんが、トレードが決まった以上両チームにとっていい結果となることを祈ります。
小山田投手、長い間お疲れ様でした。新天地での活躍を期待しています。(でもカープ戦で張り切らないようにってのはお約束ですが)

| | Comments (87) | TrackBack (0)

November 27, 2007

浜中、吉野 トレードでバファローズへ

さてさていよいよえげつないタイガース。プロテクトから外れそうな浜中、吉野をバファローズに放出です。

阪神浜中、2対2トレードでオリへ (日刊スポーツ)

カープに人的保障で取られるくらいなら放出してしまえ、ということでしょうか。それにしてもやることがえげつない。さすがは関西人。
ところでトレードでタイガースに入団した金村、平野恵、阿部の三選手はプロテクトされなかった場合カープが指名できるのでしょうか。
いろんな情報が錯綜していて指名できる、出来ないと両方の意見があるようです。
指名できるのであれば金村あたり指名できればタイガースに対して嫌がらせになると思うんですがねぇ。
はてさてどうなるのか、気のもめる話です

| | Comments (6672) | TrackBack (0)

November 21, 2007

新井 阪神へ

どうやら新井のタイガース入りが決まったようです。

プロ野球 FA宣言の新井内野手、阪神移籍で合意 (毎日新聞)

4年10億じゃカープの出した条件とそれほど変わらないんですけど。
やっぱり「カープが好き」といって泣いたあの会見は偽りの涙だったとしかいえませんな。
というかこの笑顔を見ていると、既にFA宣言した段階で阪神と話がついていたとしか思えませんね。
実際、FAして声をかけてきたのは阪神だけですしね。
「厳しい環境に身をおきたい」といったのは新井本人ですが甲子園の虎キチガイどもはカープファンほどやさしくはありませんぜ。まあプレッシャーに弱い新井のこと、虎キチガイのヤジで神経衰弱にならないよう、せいぜい頑張れや。
というわけで裏切り者のことは金輪際話題にしません。

次は人的保障が誰になるかでしょうが、さすがのカープフロントも今回は人的保障を求めるようです。

広島、移籍先には人的補償要求 (日刊スポーツ)

一方、えげつないタイガース、なおもカープに嫌がらせをしたいようです。

新井獲りで金本を!?プロテクト外しのウルトラC (夕刊フジ)

貧乏球団の足元を見る作戦のようですが、今更ロートルの金本取ってもしょうがありますまい。
普通に考えればピッチャーでしょうが、ここまで煮え湯を飲まされ続けているカープファンとしてはどの選手を取れば虎キチガイどもが嫌がるか、という観点で人的保障をして欲しいと思います。
浜中あたり年俸も手ごろですが、オリックスにトレードという話も出ていますし、故障持ちだし、外野手は有り余っていますのであまり欲しくはないですね。藤本も東出あたりとタイプがダブりますし、本当なら今岡あたりを指名するのが一番いい嫌がらせかもしれませんね。ただ年俸が高すぎますがね。
福原、小嶋あたりがプロテクトから外れるとおいしいですがまず有り得ないでしょうしね。
とにかくタイガースに対して一泡吹かせる様な指名をしていただきたいものです。

| | Comments (30) | TrackBack (0)

November 20, 2007

大社ドラフト終了

昨日は大学、社会人ドラフトが行われました。

広島1巡目は篠田(日大) 大学生・社会人ドラフト (大本営発表)

カープは一巡目に愛工大の左腕、長谷部を指名しましたが、なんと5球団の競合となり、抽選負け。
外れ一位に日大の長身左腕、篠田投手を指名しましたが、これもジャイアンツ、バファローズとの競合となりましたが、何とかこれを引き当て交渉権を獲得することが出来ました。
3順目は青山学院の小窪内野手、4順目は九州国際大の松山外野手を指名しました。

投手力の弱いカープとしてはもう一人くらい投手をとっても良かったんじゃないかとは思いますが、長谷部をはずした割りにはいいドラフトだったんじゃないでしょうか。

私的には松山外野手に注目でしょうか。鹿児島の鹿屋中央高校出身とのことで、上野とともに同郷じゃないですか。
鹿屋中央高校といえば以前タイガースにいた亀山務選手の母校でもあります。
実は亀山選手、高校の夏の甲子園県大会で私の母校と対戦したときに見ております。
鹿屋中央高校も鹿児島県内では強豪校の一つであります。
カープにも喜んで入団してくれそうですし、カープにはあまりいない左のスラッガータイプのようです。
期待したいものです。
ところで2007年の表彰選手が発表されましたね。
カープ関係で気になったのはMVPに前田智徳選手が一票入っていたことと、新人賞に青木高広投手が一票入っていたことでしょうか。もしかしたらこれは同じ記者さんの票かも知れませんが、前田のMVPはともかく、青木高の新人賞の一票はカープファンとしては納得できる一票ですね。
今季は5勝11敗、防御率4.77に終わりましたが、打線の援護があれば勝ち負けの数が逆転していた可能性もあったと思います。ルーキーとしては一年通してよく頑張ったと思います。
あの梵でさえ免れなかった2年目のジンクスって奴がちょっと気になりますが、来季もきっとカープの勝利に貢献してくれるはずです。頑張ってください。

| | Comments (45) | TrackBack (0)

November 10, 2007

新井よ、お前にFAする資格などない

Blog、ずっとほっぽらかしにしていてすみません。
シーズン終わってエースと4番のFAがらみで不穏な空気が流れる中、更新する気力も無く静観しておりましたが4番打者がFAするとのことで我慢できず、久しぶりにカキコしてみました。

新井FA宣言、移籍へ 「環境変え前に進む」 (大本営発表)

会見を見ての感想ですが、一言「茶番ですね。」
「自らを厳しい環境に置き、その中で自分がどう変わっていくか挑戦したい」と言っておりますが、カープに残留して優勝をめざすことこそ、最も厳しい環境に身をおくことじゃないでしょうか。
「カープが大好き」といいながらFA残留はないという矛盾、そして意味不明の涙、全く理解不能です。
金なのか、球団の姿勢なのか、FAの本当の理由はわかりませんが、どうせカープを離れるのなら、会見の席できちんとその理由を述べるのがFAして出ていくものの責任でしょう。これじゃ貧乏球団から逃げたとしか思われませんよ。
それにしても「黒田のFA宣言に影響された」だの「僕が喜んで出て行くのではない」だの、これは公の席で言っちゃいかんセリフでしょう。その辺もわからないとは頭が悪いとしかいえません。
そもそもプロになれるかもわからない程度の実績しかなかった新井がプロになれたのは大学の先輩の野村や大下さんの推薦のおかげでしょう。そして投打ともプロのレベルに無い選手を辛抱強く実戦で使い続けたのはカープでしょう。ファンの中には「新井が成長したのは本人の努力のおかげ」という人もいますが、プロの世界で生き残るためならそれは当たり前のことでしょう。
金本FA後、4番に抜擢され、プレッシャーに押し潰されて成績がさっぱりだったときも、浩二もファンも我慢して使い続けたのは、新井がチームリーダーとなるための授業料と思っていたからでしょう。
新井がチームリーダーとしての働きをしたのは正味ここ3年というところでしょう。実働3年でFAではチームもファンもたまったものじゃありません。
去る者のことをこれ以上いろいろ言っても仕方ありませんのでこれで止めにしますが、残ったカープの選手たちにお願いがあります。
新井に「お前らとやってても優勝できねーよ」と言われた訳ですから、選手の皆さんが一番悔しい思いをしているだろうと思います。去っていった奴らに思いっきり後悔させてやりましょうよ。
ようやくあのオーナーも大規模補強を口にし出しました。まあ今更遅いですけど何とかいい補強をしてもらわないと来季金満球団相手に戦えませんからね。
補強を含めて今はなるようにしかならないというのが本音の気持ちですが、ファンはFAできませんからね。カープというチームがある限り、来季も応援しますよ。
「家貧しくして孝子顕る」という言葉もあります。誰かイキのいい若手が現れないかな。

| | Comments (52) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »