« December 2007 | Main | February 2008 »

January 28, 2008

キャンプイン直前、ルイスら来日

しばらくご無沙汰していましたが、キャンプイン直前となりました。
またぼちぼち更新していこうと思います。

ルイス、シュルツの両投手とシーボルが来日し、本日記者会見がありました。

燃える新外国人 赤ヘル入団会見 (大本営発表)

大男3人組と言うところでしょうか。ルイスには黒田の、シーボルには新井の穴埋めという使命が科されています。シュルツには苦しい中継ぎ陣の救世主となってくれることでしょう。
期待の左腕コズロースキーは本日来日とのこと。他にアレックス、マルテ、そしてダグラスとの再契約との話もあり、一軍の外国人枠4つをめぐる争いは激しくなることと思います。
うーん、外国人枠あと一つくらい増えてくれませんかねぇ。とにかく怪我だけはしないよう頑張っていただきたいものです。

怪我といえばキャンプ直前、自主トレの進む沖縄より痛いニュースが入ってきました。

嶋、ひじに違和感…2軍・日南Cに変更の可能性 (スポニチ)

内田コーチの復帰で復活の期待されていた嶋ですが、張り切りすぎたのでしょうか。痛いリタイヤです。
普通に考えるならばライトスタメンの選手だけにこれは本当に痛いです。が、厳しい外野のスタメン争いがますます面白くなったといえそうです。
私が個人的に期待しているのはこの選手です。スラッガータイプでありながら三振が少ないということはかなり期待できそうです。今年のルーキーの中で最も実戦タイプと思われるだけに期待したいところです。
とにかくこれ以上怪我人の出ないよう、十分注意して調整を進めて欲しいところです。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

January 08, 2008

人的補償選手として赤松外野手を指名

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

さて、懸案の某恩知らずの人的補償選手が決定しました。

人的保障選手決定のお知らせ (広島東洋カープ公式HP)

正直、即戦力投手の獲得を前提に考えていましたので、赤松と聞いたとき「えっ、また外野手?」と言うのが最初の正直な感想でした。
しかしながら、どうも即戦力投手はことごとくプロテクトされていたようです。
で、よくよく考えましたがこれは来年の新球場の完成を見込んだ補強だなと思いました。
カープには数だけは多く外野手がいますが、緒方、前田、アレックスはそう先が長いとは思えませんし、若手中堅クラスで俊足強肩好守の外野手としては廣瀬、中東くらいしかいません。
そこらへんを考えると来年以降、赤松の存在はカープにとって非常に大きくなりそうです。
さらにもう一つ言えば「タイガース、赤松出して大丈夫なの?」という部分です。
腰と首に持病を抱える赤星に代わって甲子園のセンターを守れる選手をいくら投手を厚めにプロテクトするためとはいえ、こうもあっさり放出してしまうとは驚きです。
来年以降、レフト金本、ライト林と決して守備範囲の広くない外野陣の中でもしも赤星が故障したらタイガースにとっては大きな痛手ではないでしょうか。
その意味では私の主張していた「タイガースの嫌がる人的補償」という線にも合致した指名だったといえるのではないでしょうか。
とにかく、移籍が決まった以上、赤松には某恩知らずを凌ぐ活躍を期待したいものです。

| | Comments (81) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »