March 23, 2008

頑張れ、イーグルス

2戦連続サヨナラ負けのイーグルス、とても人事とは思えません。

マー君力投も悪夢再び…ノムさん弱気 (スポーツニッポン)

【楽天4-5ソフトバンク】悪夢は繰り返された。楽天は先発・田中将大投手(19)が8回3失点の力投も、救援陣の乱調でソフトバンクに延長11回サヨナラ負け。20日の逆転サヨナラ黒星に続く、開幕からの2戦連続サヨナラ敗戦は史上7度目となった。野村克也監督(72)は選手時代も含めて3度目の屈辱。近くて遠い今季初勝利に試合後はぼやきが止まらなかった。

 うなだれた野村監督は低いトーンで絞り出した。「打線も活気づかないし困ったもんだ。あしたは雨降らねえかな。屋根がある?開けろよ。もう弱気だよ」。グラウンドでソフトバンクの勝利を祝いドーム屋根を開ける「ルーフオープンショー」が行われていたのはあまりにも皮肉だった。

 悪夢が繰り返された。8回、先発の田中が1点リードを保ってベンチに下がると、首脳陣が集まりリリーフ投手を決める作戦会議が開かれた。だが、長い話し合いを経て、9回のマウンドに送られた小倉が先頭の多村に左中間三塁打を浴び、2死三塁からは4番手・ドミンゴが松田に同点の右翼線二塁打。そして延長11回には1死からワンポイントで登板した左腕の渡辺恒が松中に与えた四球からピンチを招き、本間にサヨナラ打を浴びた。「同じような展開だな。また多村から。2度あることは3度ある。あしたもあるんじゃない」と野村監督。実は開幕2戦連続サヨナラ敗戦は南海選手時代の69年、ヤクルト監督時代の90年に続き3度目。「よく調べてくるね。やっぱり2度あることは3度あるじゃん」と吐き捨てた。

 前日、指揮官は田中に“完投指令”を出した。だが、信頼するエースにも初登板の重圧が襲いかかる。田中は8回134球を投げた時点で「いっぱい、いっぱいだった」と続投の力は残っていなかった。頼みのエースが力尽き、抑え不在が勝ち星も奪った。だが、田中自身は進化を見せた。自身最速タイの152キロを計測するなど150キロ超えが12球。10三振を奪ったが「点の取られ方が悪すぎる。反省点がいっぱい出たのでこれを次につなげないと全く意味がないものになる」と初回、5回の暴投での失点を悔やんだ。

 野村監督は、帰り際タクシーに右足を突っ込んで笑顔をつくった。「あしたは来ないかもよ」。精いっぱいの冗談が痛々しかった。

昨日は東京MX TVで放送がありましたので途中まで見ておりましたが、放送終了後こんな幕切れが待っていたとは。
イーグルスの敗因は絶対的な抑えがいないということでしょう。昨年までのストッパー、福森はメジャー移籍。
野村監督が抑え候補と見込んでいた長谷部は故障離脱。さすがのマー君が力投してもこれでは勝てません。

カープもイーグルスと同じように昨日も終盤追いつかれサヨナラ負け。抑えの永川が2軍落ち、コズはボークの件で審判に睨まれているようですし、佐竹、広池の両左腕もピリッとしません。ここまで無失点を続けてきた岸本も古巣相手に大乱調。今年も横山、林頼みでは昨年と同じです。こうなるとシュルツの故障離脱が本当に痛いですね。オープン戦序盤までは2点台前半だったチーム防御率も2.73まで下がりました。
うーん、3戦連続逆転負けの現状を変えるのはなかなか難しい。
今年もそろそろ現実を見なくてはならない時期に来たのでしょうか。
(カープファンの皆様、弱気ですみません。)

| | Comments (156) | TrackBack (0)

December 21, 2007

目糞鼻糞を笑うの弁??

「西の讀賣」の監督が「本家讀賣」を挑発したそうです。

岡田監督「メチャクチャな球団」倒す (デイリースポーツ)

虎のちょうちん持ち、デイリースポーツの書くことですから話半分に聞いとかなきゃとは思いますが、一言、「お前が言うな」ですわ。

確かにジャイアンツの金にあかせた外人補強は常軌を逸していますが、お前のところも悔しかったら4番打者ぐらい自分で育てろよといいたくなりますわ。
まあ平気で生え抜きの4番候補をバファローズに出してしまう球団ですからジャイアンツのことなんかいえませんわな。あ~、あほらし。

| | Comments (68) | TrackBack (0)

December 10, 2007

来季4番は栗原だ!

ブラウン監督が来季4番は栗原で行くと明言したようです。

新4番は栗原 監督明言、シーボルは3番か5番 (大本営発表)

今季の実績を考えれば「恩知らず」の替わりに4番に入るのは彼しかいないとは思っていました。
実際、江藤が去った後は金本が穴を埋め、金本の去った後は新井が穴を埋めきれず(ここがファンが新井に対して怨嗟の声を上げる原因の一つでもあります)、ようやく穴を埋めることが出来るようになったかと思えばカープを去るというわけで、4番がいなくなってもここまで何とか代役がカープの4番を継承し続けてきました。
今回も「恩知らず」の穴はきっと栗原が埋めてくれると信じます。
唯一心配なのは故障です。過去、腰痛などでリタイヤしたことも多く、今季初フル出場したという実績を考えればこの部分だけが心配です。コンスタントに試合に出られれば間違いなく結果は残す男ですから、本当に体のケアだけはしっかりやって欲しいものです。


| | Comments (351) | TrackBack (0)

December 07, 2007

新井 阪神入団

裏切り者の恩知らずの阪神への移籍が決まり、本日会見が行われました。

新井、「勝負強い打撃を」=阪神入団で意気込み-プロ野球 (時事通信)

で、その裏でこんなことも行われております。

阪神・今岡、5000万円減で更改=プロ野球 (時事通信)

今岡、来季の年俸2億1000万円だそうです。
ご存知の通り、新井が阪神にFA移籍したことにより、カープは新井の旧年俸の1.2倍の金額をタイガースから金銭補償として受け取るか、タイガースがプロテクトした選手(28人+外国人選手)以外の選手1人と、新井の旧年俸の0.8倍の金銭を受け取ることが出来ます。
カープは今回は人的補償を求めると言っております。
と言うことはカープはタイガースから人的補償一名+9800万円の金銭を受け取ることが出来ます。
新井を獲得したタイガースはポジションのダブる今岡をプロテクト枠からはずしてくることも考えられます。
さてそこで、私は今岡がタイガースのプロテクトから外れた場合、人的補償として獲得することを提案したいと思います。タイガースから9800万円受け取れるわけですから、もしカープが今岡を獲得した場合、来年度の実質負担は1億1200万円です。新井に払うはずだった年俸を考えれば安いもんじゃありませんか。
サードとしてシーボルを獲得したわけですから三塁手は必要ないという意見もあるとは思いますが、外国人には当たり外れもありますし、内野のスーパーサブ的存在にもなりえます。
何よりもあの憎っくき虎キチガイどもに、FAによりこれまでタイガースを支えてきた重要選手を取られるという痛みを味わわせることができるってもんです。
来季はいいとしてそれ以降の年俸をどうするかって?来季が終わった段階で今岡が好成績を残せばそのまま残留させてもよし、トレードに出してもジャイアンツあたりに高く売れるでしょう。もし今岡がFAするならまた人的補償+金銭を求めればいいだけです。成績が悪ければ減俸すればいいだけです。
貧乏球団としてはこのくらい割り切った考え方でタイガースの主力選手を引っこ抜いて欲しいもんだと思います。
FAの時代に生きる以上、このくらいのことはやらないと金持ち球団の鼻をあかせられませんぜ。元さん。

| | Comments (527) | TrackBack (0)

December 04, 2007

星野ジャパン、北京行きを決める

昨日の対台湾戦を10-2で快勝した日本代表チームは3戦全勝で北京五輪出場を決めました。

今日は会社におりましたので試合はみておりませんが、まずはおめでとうございます。
あの恩知らずもホームランを打ったようで、来年あいつが縦縞ユニフォームを着てカープの前に立ちはだかるのかと思うと内心穏やかではありません。おっと、あいつの話は金輪際しない約束でしたね。

で前日の対韓国戦は最後まで観戦させてもらいました。
それにしても韓国、勝つためにはどんな汚い手でも使うんですな。

韓国が先発メンバー変更 紳士協定を無視 野球アジア予選 (産経新聞)

韓国が試合開始直前に先発オーダーをがらりと変更した。星野監督によると「1時間前にオーダーを受け取っていた」。だが、実際のオーダーは先発投手が右の柳済国から左の田炳浩へ。打線も左腕の成瀬を意識してか、1番から6番まで右打者が並んだ。

 指揮官はあわてて球審に詰め寄ったが、オーダー変更は認められ、そのままプレーボール。報道陣にも試合が始まってから新しいオーダー表が配られる事態となった。

 韓国の金卿文監督は「(国際野球連盟=IBAF=の)ルールは破っていない。いいとは思わないが、今回のルールでは、うそのリストを作ることもできる」と釈明。これに対し、星野監督は「監督会議で紳士協定を結んだ。ルールブックにはないことだが、非常に疑問だ」と静かな口調ながら怒りをあらわにした。


(引用ここまで)

自分の利益のためなら平気で人を裏切る卑劣漢、朝鮮人相手に「紳士協定」なんて結んでも無駄ですよ、星野監督。
日本の先発が左腕成瀬とわかってからやったオーダー変更であることは明らかです。試合開始直前のオーダー変更も酷いとは思いましたが、試合中にわざと足を出してデッドボールを誘いに行くやり方、全く見ていてむかつきました。岩瀬が当てたデッドボール、日本のルールならストライクゾーン内でボールに当たった場合はデッドボールにはならないはずなんですがね。
まあ、憲伸にせよ岩瀬にせよ、すばらしいコントロールでピンチを三振に切り抜けたあたり、本当にすばらしいピッチングでした。あれだけ卑怯なやり方をしても勝てなかった韓国、涙目ですな。
まあ、日韓ワールドカップのことを例に挙げるまでもなく、朝鮮人を相手にするときにはこのくらいは想定しておかなきゃならないですね。
それにしてもこんな連中に粘着され続ける日本も不運ですね。出来れば日本列島ごとハワイあたりに移動してしまいたいと思うのは私だけでしょうか。

| | Comments (109) | TrackBack (0)

July 24, 2006

球宴っていつからストレート勝負になったの?

昨日の宮崎でのオールスターゲーム第2戦、オールセントラルが7-4でオールパシフィックを下し、連勝しました。東出はノーヒット、黒田も打たれまくってパッとしなかったカープ勢ですが、永川がなんと勝利投手ですよ。
永川、マウンド上でいい表情をしていたのが印象的です。でも7回の永川対カブレラの場面で永川がフォークボールで三振を取ったことに対してネット内でごちゃごちゃ言われているようです。曰く、藤川も清原に対してストレート勝負だったのになぜあの場面で永川はストレート勝負しなかったのか、という主旨の発言が出ているようです。
他の方から反論が来るかも知れませんがあえて言わせてもらいます。
「オールスターゲームはいつからストレート勝負って事になったんでしょうか。」
昨日の黒田のようにたとえカープのエースと呼ばれる投手であってもストレートばかり投げたのではあれだけ打たれてしまうのです。藤川やクルーンのようにストレートが決め球で絶対の自信を持っているということならば、ストレート勝負というのもうなづけますが、永川の決め球はフォークボールです。一死3塁、外野フライでも勝ち越しを許してしまうというあの場面で、自分が絶対の自信を持っている決め球を投げ込むのは当然のこと。それが永川の場合はたまたまフォークボールだったということだと思います。いくら花相撲だとはいえ、ここでいつものペナントレースと違うことをやって、それで打たれたのでは何の意味もないと思います。そんなにストレート勝負だけが見たいのならば最初からストレートに絶対の自信を持つピッチャーを並べれば良い訳ですが、そんなゲームが面白いでしょうか。球界を代表する選手達が自分たちの持てる技を駆使して対決する姿こそオールスターにふさわしいと思うのですがいかがでしょうか。

| | Comments (182) | TrackBack (0)

May 24, 2006

福地選手 新天地で大活躍

今年、カープからライオンズにトレードされた福地寿樹外野手が昨日の対ドラゴンズ戦で1番センターで先発。5打数3安打1本塁打の大活躍を見せ、お立ち台に立ちました。
福地といえば昨年まではカープで代走の切り札として活躍しており、代走が中心の起用でありながら2003年には20盗塁を記録しているということでもその走塁技術では他を寄せ付けないものがあることをご理解いただけると思います。
福地選手は私も好きな選手でしたが、悔やまれるのは2003年のシーズンです。
山本前監督がその足を買って開幕スタメンで1番バッターとして福地を起用したことがありました。しかしながら十分な結果を残すことが出来ず、スタメンから落とされてしまいました。どんなに素晴らしい走塁技術を持っていたとしても打って出塁できなければ意味が無く、代走起用に戻ってしまったのも仕方の無いところでしょう。あの時、結果を残していれば今でもカープのリードオフマンとして活躍できていたのではないかと思われてなりません。
今季、ブラウン監督の構想から外れ、ライオンズにトレードとなりましたが、これまで1本しかホームランを打ったことの無かった福地選手ですが、新天地で2試合連続のホームランを打つなどようやく打撃が開眼したようです。当分の間はライオンズの1番バッターとして起用されることと思いますが、是非頑張ってほしいものだと思います。
チームは変わっても応援していきたい選手の1人です。

| | Comments (126) | TrackBack (0)

May 10, 2006

ラロッカ 3打席連続本塁打

昨日の交流戦開幕戦、神宮球場ではグレッグ・ラロッカ選手が大爆発したようです。

母に早めのプレゼント ラロッカ、3打席連発 (スポーツナビ)

ラロッカといえば昨年のホークスとの交流戦、誰も打てなかった杉内から2本塁打を放ち、黒田に勝利をプレゼントしたことがありました。誰も打てないようなピッチャーを打ち崩したり、ここぞというところで快打を打つ。そんな勝負強いバッティングが彼の持ち味でした。
昨夜のように相手投手に手も足も出ないような好投をされたときなど、どうしてもラロッカ選手のことを思い出してしまいます。

| | Comments (101) | TrackBack (0)

May 01, 2006

銭岡君 大爆発で新記録達成

今日のからくり屋敷フーセン小屋東京ドームでは「ドラゴンズ」と「パリーグオールスターズ+α」のゲームをやっていたようですが、讀賣パリーグオールスターズ+αのαのひとり、銭岡君が何かとてつもない記録を作ったようです。

銭岡が連続満塁本塁打 プロ野球史上初の快挙

2打席連続満塁ホームランと言うのもすごいですが、2打席連続で銭岡君の打席を満塁にしてしまう打線もすごい。さすがはパリーグオールスターをかき集めてきただけありますなぁ。一試合10打点と言うのもセリーグタイ記録だとか。まあ、このくらいのことはやってもらわないと貰ったお金に釣り合いませんもんねぇ、銭岡君。
まあ、頑張って下さいな。

| | Comments (281) | TrackBack (0)

April 19, 2006

新庄 突然の引退表明

日本ハムの新庄外野手が昨日の試合後、突如今季限りの引退を表明しました。

新庄、ファン驚かす引退宣言=打撃不振、けがも影響か-プロ野球・日本ハム
新庄、今季限り引退 地元球場満員で決断

新庄といえば一昨年の長野で行なわれたオールスターゲームでのホームスチールが強烈な印象として残っています。俊足と強肩に定評があり、とにかく派手で華のある選手です。一見チャラチャラしているように思われますが「取れると思う打球がワンバウンドしたり、刺せると思った送球がさせなかったり、もういっぱいいっぱいでプレイしている」という試合後の彼の言葉を聞くと、彼なりに自分の体力の限界を悟っての引退表明なのだと思います。

実は新庄とカープの前田選手は同じ九州出身で同じ年のドラフトで指名(新庄:阪神5位 前田:広島4位)された同期でもあります。かたや派手なパフォーマンス。かたや寡黙な侍。この2人ほど対照的なプロ野球選手もいないと思います。どちらも多くのファンを魅了させる存在として、チームの顔として活躍してきたふたり。
新庄の引退は残念ですが、前田選手にはまだまだ頑張ってもらって是非2000本安打を達成してほしいものです。

| | Comments (132) | TrackBack (0)